2016.08.21

今年はもう汗で悩まない!夏の大敵「汗」を目立たせないアイテムいろいろ

電車のつり革を利用するときなど、いろいろなシーンで気になってしまう汗じみ。せっかくの外出時に汗のことを気にして、気分がブルーになったらもったいないですよね。

汗を目立たなくさせるアイテムを工夫して余計な心配から解放されましょう!

■知っておきたい色の効果

汗じみ対策として知っておきたいのが「色」による違い。Tシャツを選ぶときに「グレーは汗じみが目立つから…」と敬遠している人もいますよね。

その通り、同じ素材でも色により汗じみが目立つ場合と目立たない場合があります。一般的に目立たないと言われるのが白と黒。一方、中間色のグレーは目立ちます。
また、小花柄やボーダーといった柄つきアイテムにも、汗じみを目立たなくする効果が見られます。

■速乾性のあるインナーは必須!

最近の夏用インナーは速乾性に優れ、肌に対する感触もサラサラしているため、インナーを着用した方が涼しい効果を得ることができます。

さらに、汗をインナーが吸収して逃してくれることで汗じみ予防にも効果的。汗取りパッドのついたキャミソールやタンクトップ、Tシャツも人気です。

特に汗の多いことが気になる人は、大型の汗取りパッドのついた商品を検討すると外出時の安心につながりますね!

■撥水スプレーも活用!

お気に入りのグレーのトップスなど、インナーで工夫してもまだ少し心配が残るというケースもありそうです。そんなときには、衣類用の撥水スプレーを使用するといいですよ!

雨や汚れ対策で使用するイメージの強い撥水スプレーですが、部分的にスプレーすることで汗じみ予防にも使えるのです。ただし、通気性が阻害され蒸れやすくなります。あくまでも脇の部分だけの使用としてくださいね。

■汗じみが目立たない素材も活用

運動用のドライTシャツと異なり、外出着としても使用できる風合いの素材でありながら「汗じみが目立たない」商品も販売されているのをご存じですか?ネット通販でも手軽に購入できますし、汗じみ対策を前提とした素材のため安心して着用できるのがうれしいところです!

また、袖がゆったりとしたトップスも蒸れを防ぐことにつながるので、汗じみ対策に有効です。

■ボトムスでも対策!

汗じみが気になるのはトップスだけではありませんね…。パンツスタイルのときの汗が特に気になる人も多いみたいです。柄物のボトムスがおすすめですが、ガウチョパンツのようなゆったりしたデザインを選ぶと蒸れにくくて汗じみ対策にもなります。

速乾性のある素材を使用したボトムス用インナーも便利です。たとえば汗取りショーツにはショートタイプもロングタイプもありますから、用途に合わせて選んでみてください!

■やはりインナー使用が王道!

汗じみ対策をした素材の服も増えつつありますが、やはりインナーで工夫するのが王道と言えそう。お気に入りの洋服を着るために、様々なアイテムを使い分けてみてくださいね!(SORA.K/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事