2016.08.23

彼女で終わる女子と結婚までたどり着ける女子のちがい

今回は、彼女で終わる女子と、結婚までたどり着くことができる女子のちがいについて、一緒に考えてみたいと思います。

■結婚できる女子の共通点

結婚できる女子の共通点は、ズバリ、彼に手放したくないと思われている、ということです。
ものすごく当たり前のことですが、1つの共通点を挙げるなら、これ以外にないでしょう。

そして当然のようにここで問題になってくるのは、どうやったら彼に手放したくないと思われる女子になれるのか?ということでしょう。
このことについて、見ていきたいと思います。

***

たとえば彼に「選ばれる」女子になるためにはどうするのか?といえば、これはもう、みなさんそれぞれに、自分の周囲を見渡してみるといいです。
なぜなら、選ばれる女子になるために、付加価値をたくさんつけている女子がたくさんいるからです。
セルフブランディングという言葉は、ここのところあまり聞かなくなりましたが、それでもブランディングという言葉は、ごくふつうに聞かれる時代です。
東京都だって「ブランディング」します……と新都知事も言っています。あらゆる企業や商品だって、「ブランディングしてなんぼ」というのは、働いている女子であれば、誰もがきっと知っているでしょう。
ブランディング、つまり付加価値をつけたら、彼に「選ばれる」女子になる、これはきっと今の時代のひとつの真実です。

■絶対にこれがないとダメ

でも「選ばれる」というのと「手放したくない」というのは、また別の話です。
付加価値のある素晴らしい女子なんだけど、手放したい……こういう考え方だってありますよね。

付加価値の多い化粧水だけど、そっちじゃなくて、100円の化粧水を選び、それこそ手放せないと思っている女子……極端な例ですが、「選ばれる」というのと「手放したくない」のちがいって、たとえばこういうことですよね?

つまり「その他大勢」の人にとっては、価値のあるものかもしれないけど、わたしにしてみたら「絶対にこれがないとダメ」というほどでもない……こういうことでしょう。

***

つまり彼に「この彼女以外に、おれのことを、ここまで深く理解してくれている人はいない」と思われたら、それが「手放したくない彼女」なわけです。
「みんな」が理解する付加価値って、言ってみれば結局は「みんなのもの」なわけです。

「みんなのもの」が好きな男子って、正直少ないです。5人も10人もの男が狙っている女性のことが好きで、その激しい競争に勝ち、倍率の高い女子をゲットし優越感に浸っているような、「みんなが愛している付加価値の高い女子」のことが好きだという男子はいます。
男って、どうしても闘争心が強いし、優越感に浸りたいからです。

でも結婚って、そうではないですよね?
ふたりだけで、(極端にいえば)ふたりだけの言葉を使って、ふたりだけの世界を築き上げるもの……これが結婚ですよね。

***

彼にとって、なくてはならない存在になれば、すぐに結婚できるでしょう。
それは「あなたしか知らない彼」を、どれだけ知っているのか?というところにかかっています。
平たくいえば、「みんな」に好かれることをやめるといいのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事