2016.08.23

これ浮気?風俗OK派/NO派それぞれの男性に意見を聞きました!

世の中には風俗に行くことが好きな男性もいますよね。
「お店もそれを仕事としているわけだし、相手はプロだから…」と思っても、いざ自分の彼がお客さんとして行ったことがわかってしまったら…?

女性としては、気分いいものではないですよね。

なんだか彼にその疑いがあるけど、なかなか聞き出せないし、そもそも彼女がいるのにお店へ足を運んでしまう男性心理がわからない!なんて女のコもいるのではないでしょうか。

そこで今回は、風俗肯定派と否定派の男性の意見をご紹介します。

・肯定派

「相手は仕事でやってるんだから浮気じゃないよ」(20代/エンジニア)

「毎日毎日お米ばっかり食べてても飽きるでしょ?たまにパンが食べたくなるのと一緒。素人と関係をもったら浮気になっちゃうから、それよりかはいいと思うんだけど。」(30代/メーカー)

「彼女にはお願いできないようなことも、お店でお願いしちゃう。」(20代/メーカー)

肯定派は、風俗に行くことは決して浮気じゃないって認識ですね。
罪悪感がないからこそ、割り切ってお店を使っているというところでしょうか。

たまにはパンが食べたくなる、って食事に置き換えられても困りますが、二股をかけられたり、浮気相手の女性に本気になられたりするよりはマシってことなのでしょうか。

・否定派

「いくら相手がプロでも、彼女にバレた時にいい気分にはならないと思う。」(30代/公務員)

「もしも彼女にバレたらこわい。」(20代/メーカー)

「万が一病気とかになったら心配だから。」(30代/医療)

「お店だったとしても、他の女性と関係をもつイコール浮気にはいると思う。」(20代/金融)

否定派は彼女のことを考えて、セーブしているといった感じですね。彼女にバレたときに悲しませてしまうことが嫌だと考えているようなので、もしあなたが絶対に風俗を許せないのであれば、普段から「行ったとしたら悲しいよ」という気持ちを伝えておくのもいいかもしれませんね。

・どちらでもない

「仕事で誘われた場合、断れなくて行くことはあっても、自ら行こうとは思わない。」(30代/製造)

「風俗行ったら、シャワー浴びるでしょ?そんな(明らかに風俗へ行ってきたような)サッパリとした状態で家に帰れるわけがない。」(30代/公務員)

「彼女とのエッチの回数が減っちゃいそう。」(40代/メーカー)

肯定でも否定でもない人は、さまざまな都合に合わせた現実的な意見を持っていますね。
仕事で誘われたと言われてしまうと、彼女にとしては怒れもしない分、よけいに複雑な気持ちになりますよね。

おわりに

完全な浮気や二股じゃないと割りきっても、なかなか女性には理解しにくい風俗事情。
女性の中にも「相手が素人だったら、本気になっちゃったときに困るから、プロの方がある意味安心。」という意見の人もいるでしょう。

ただ、女のカンは鋭いもの。ちょっとおかしいな?と思ったときは何かしら当たっていることが多いですよね。

肯定派の男性の中にも、彼女に最近気づかれた気がするという人がいましたよ。
彼女からははっきりと追及を受けたわけではないようですが、ほとぼりが冷めるまではちょっとおとなしくしていよう、と反省したようです。

もしもあなたの彼が風俗に行った疑いがあったとしても、感情的に怒ったり泣いたりせず、それとなく小出しにキーワードを出していくほうが、彼が「バレたかも…?」とヒヤヒヤして自粛してくれるようですよ。

でも肯定派の意見を聞いてみても「浮気とは違う」という考え方が多かったので、そこはちょっと安心かもしれませんね。(桃助888/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事