2016.08.23

エラ張りさんのお悩み解消!目の錯覚をつかった頭脳派コーデ

顔の輪郭がコンプレックスになっている人は、案外多いもの。そんなコンプレックスを、どうにかファッションで克服するにはどうしたらいいのか…

今回は、「エラ張りさん」に似合うコーデをまとめてみましたので参考にしてみてください!

■首元はVネックがベター

エラの張っている人はどうしても顔の横幅に、見る人の目がいってしまって顔が大きく見えがちです。対策としては目の錯覚を利用して、縦長に見えるように工夫するのがいいでしょう。

首元はボートネックや丸首よりはVネックがおすすめです。ボートネックなど横に広がった首元は、顔をより横長に見せてしまいますが、スッキリとしたVネックだと逆にしまった感じに見せてくれます。シャツを着るときは、襟も横に広がっていないタイプを選んでくださいね。

■ボーダーよりはストライプを

柄ものを着るときも同じ法則で、なるべく縦のラインを強調するものを選びましょう。定番のボーダー柄もいいですが、やっぱり横に伸びて見えてしまします。ボーダー柄を選ぶなら、縦のストライプを選んでみるとスッキリ見えますよ。

ストライプを選ぶことで、スマートな体型にも見えやすいので一石二鳥。ほかの柄ものを選ぶときにも、横に広がった柄になってないかチェックしてから買うと失敗しないでしょう。

■縦を強調できる小物を使う

小物を使って縦のラインを強調することだってできます。アクセサリーならロングネックレス、かばんならショルダーバックなど、おしゃれをしながらもかしこく計算してみましょう。

アウターはロングタイプがおすすめ。ロングカーディガンやチェスターコートならばっちりです! おしゃれな人は視覚効果もさりげなく取り入れているもの。エラを気にして隠すよりも、「どうやって縦長効果を作ろうか」と考えてみることでいろいろなアイディアが浮かんでくるかもしれませんね!

■つば広ハットで顔を小さく

つばの広いタイプのハットはとても存在感があり大きめなので、かぶることで小顔効果にもつながります。ここ数年、つば広ハットは流行しているので、トレンドを取り入れたファッションでもあります。

夏なら通気性のよい麦わら帽子でも素敵ですね。季節を問わないフェルト素材のものは男女問わず持っている人も多いでしょう。ハットがあるだけで、シンプルな服でまとめてもセンスよく決まるので、ひとつ持っておくと便利ですよ!

■目の錯覚をつかった頭脳派コーデ!

「エラ張りさん」でもちょっと工夫をするだけで、エラが気にならない素敵な印象が作り出せます。目の錯覚を利用した頭脳派コーデで、おしゃれを楽しんでくださいね!(エビウサギ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事