2016.08.23

重めヘアへの最短距離!最新エクステはこんなに進化してました

秋の予感を感じていると、ちょっと重めのスタイルが気になりはじめます。

だけど、そんなに急には伸ばせない、そんなあなたにおすすめなのがエクステです。一昔前はギャルのもの、という印象が強かったエクステですが、今ではとても手軽に、かつ目立たなくできるようになりました。そんなエクステで、一気に秋スタイルにしてみませんか?

■細かい部分にはシールエクステを

シールエクステとは、極薄のシート状の接着剤で地毛とエクステをつなげていく方法です。 手軽で接着部分が小さく目立ちにくいので、細かい部分にも対応でき、前髪のような目立つ顔周りや、耳上のボリュームが出やすい部分にも使用できるのがシールエクステの魅力です。

現在ショートヘアの方も、このシールエクステならボリューム的にもなじみやすいのでおすすめです。ただ編み込みエクステなどと比較すると、やや強度が劣ることも知っておきましょう。

■人気の編み込みエクステ

エクステと言えば編み込みエクステを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
実際、編み込みエクステは、数あるエクステの種類の中でも一番利用者が多い方法で、つける毛束の毛量が調整でき、カラーも可能です。編み込むことで髪になじみやすく、しっかりと装着できるので持ちがよく、ボリュームアップにもおすすめです。
しかし前髪や顔周り、またヘアアレンジをしたときには編み込み部分が目立ってしまうので難しいでしょう。

■超音波エクステで目立たなく

超音波エクステは、超音波が発生するホッチキスのような機械で、地毛とエクステを圧着していく方法です。ケラチンの固まりがついているエクステの根元と地毛を圧着すると、ケラチンが溶けてくっつきます。

超音波エクステの仕上がりは、地毛と一体化して装着部分があまり目立ちません。さらに地毛と同じようにシャンプーやブラッシングも可能なので、クオリティはかなり高いです。ですが他の方法に比べると値段がややお高めの設定になっています。

■取り付け簡単金属チップエクステ

金属チップエクステは、エクステと地毛を専用の金属のチップに通して、ペンチ等でつぶして装着する方法です。
美容師さんも一人だけで作業でき、他の種類に比べると取り付けが簡単になっています。そのため短時間で費用も比較的お手軽です。ですが耐久性はやや低く、接着部の金属が頭皮や地毛に接触することで違和感があったり痛みを感じたりすることもあるそうです。

■お手入れ方法は大事

絡みやすいエクステのお手入れでおすすめなのは、トリートメントのように内側に浸透させるものではなく、外側から保護するようなオイルやクリームといったヘアケアアイテムです。エクステが滑らかになることで絡みも防止してくれます。
またシャンプー後は必ずしっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。大変痛みやすく広がりやすいので、翌朝大変なことになってしまいます。

■自分に合った方法でチャレンジ

エクステにもたくさんの種類があるので、自分のなりたいヘアスタイルに合わせて方法も選ぶといいですね。秋に向けての重めヘアは、エクステで一気に叶えましょう。(miomio/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事