2016.08.25

気持ちが抑えきれない!男が思わず「告白したくなっちゃう」瞬間

いい雰囲気になってきているのに、なかなか男性が告白をしてきてくれないと、女性としてはモヤモヤしてしまいますよね。

では、男性はどういった瞬間に、「告白をしよう」と思うものなのでしょうか?

そこで今回は、男が思わず「告白したくなっちゃう」瞬間を紹介します。

1.「連絡」を取る回数が増えたとき

「LINEとかをする回数が増えてくると、こっちもその気になっちゃうかも」(28歳/営業)

「毎日のように連絡を取るようになると、もう付き合っているかのような感覚になりますね」(32歳/IT)

男性はあまりこまめに連絡を取ったりはしません。
毎日にように連絡をするのは、せいぜい「彼女」くらいでしょう。

だからこそ、連絡を取る回数が増えてくると、まるで「彼女」かのような錯覚だって起こりやすい。
相談などを持ちかけて頻繁にLINEなどをすると、頼られている感じもするので、男性の恋心も募っていく可能性は高いですよ。

2.「仕事」が順調なとき

「仕事がうまくいっているときは、勢いもあるから告白する気にもなりますね」(32歳/不動産)

「自分に自信が持てない状態では、女性に告白なんか絶対できませんね」(29歳/WEBデザイナー)

男性にとっては、「仕事」がなによりも大事。
仕事がアイデンティティーそのものなので、仕事が順調かどうかで全てが左右されてしまいやすいのです。

仕事がうまくいっているときは、自信にも満ち溢れているので、好きな女性を手に入れたいという思いも強くなりがちです。

男性の仕事が波に乗っているときこそ、上手にさりげなく褒めてあげたりすると、さらに告白へのスイッチも入りやすくなるかも。

3.「他の男性」と仲良くしているのを見たとき

「他の男と仲良さそうにしているのを見ると、取られたくないって思っちゃいますね」(28歳/調理師)

「誰かに奪われちゃうかもという危機感を感じると、動かずにはいられなくなる」(26歳/不動産)

「ライバルに奪われるかも」と感じたら、さすがに男性も黙ってはいられません。
一気に告白を決意するキッカケにも十分なり得るでしょう。
他の男性と楽しそうに会話をしたりして「嫉妬心」をあおることは、恋の進展のためにいいスパイスになるかも。
ただ、あまりやりすぎてしまうと、「俺には興味がないんだな」とも思われてしまいかねないので注意してくださいね。

4.「ふたりきり」になることが多くなったとき

「ふたりきりで過ごすことが増えてくると、間違いなく意識しちゃいますよね」(31歳/マスコミ)

「気がついたらふたりで遊ぶことが多くなると、ずっと一緒にいたいと思いやすくもなります」(28歳/保険会社)

やはり恋愛を発展させるには、「ふたりきり」になることがとても重要。
男と女を感じる瞬間でもあるので、男性も意識せずにはいられないでしょう。
また、女性のほうからふたりきりになろうとしてくると、男性は「気があるのかも」と感じるので、告白する勇気も湧いてくるもの。

ふたりでの食事に誘ってみたり、帰り道で一緒になるようにしてみたり、少しでもふたりきりになれる時間を作るようにすると、距離も縮まりやすいですよ。

おわりに

気になる男性がいるのなら、上手に「告白」へと誘導することも重要です。男性が告白する決意ができるように、自信を与えてあげることが、女性が一番やるべきことでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事