2011.07.17

ソフトも登録も不要!Macintoshで、Youtubeの動画をMP3にする方法



Windowsはもとより、Macintoshでも簡単にYoutubeの動画をMP3の音声ファイルに変換できます。
MP3にすると、好きな音楽をiPod、ウォークマン、PSP、携帯などで気軽に聴けるのでおすすめです。

下記の変換方法なら、もちろん無料で、ソフトウェアのインストールも不要、ユーザー登録も不要です。

 

ソフトではなくインターネットサイト「TUBEFIRE」で変換する

MP3へ変換するMacintosh対応ソフトは、なかなか見つかりません。
しかし、インターネットのWebサービスを使う方法なら、Macintoshでも変換可能です。
しかも簡単にできるので、おすすめです。

http://www.tubefire.com/
TUBEFIREというWebサービスを使い、変換します。

TUBEFIREでできること

YouTubeの動画を下記の形式に変換することができます。
  • 動画ファイル:iTunes / PSP(.mp4形式)
  • 動画ファイル:Windows Media(.wmv形式)
  • 携帯動画ファイル:Docomo/SoftBank(.3gp)
  • 携帯動画ファイル:au(.3g2) 
  • 音声ファイル:MP3

携帯やスマートフォンの機種により、利用できるファイル形式は異なります。またファイル形式により、動画の圧縮率も異なります。圧縮率が高いとファイルの容量を抑えることができますが、その分映像が粗くなります。逆に、圧縮率が低いとファイル容量は大きくなるものも、映像の品質を落とさずに済みます。

なお、「MP3」は音声用のファイル形式であり、映像を保存することはできません。YouTubeなどの動画の音声部分だけ切り取り、音声データとして利用します。

TUBEFIREの使い方(曲を選ぶ)

TUBEFIREの使い方はとても簡単です。
Webブラウザ上にYouTubeを表示します。このときのURLに「FIRE」を入力するだけ!



例えば「星条旗よ永遠なれ」というYouTube動画をMP3にするとします。
YouTubeを開き、キーワード検索などで探し出して動画を表示します。

 

なお、よい音質のものを変換するコツは、動画を再生して聴いてみることです。

TUBEFIREの使い方(変換ページにアクセス)

ブラウザ上で動画を再生したときの動画のURL(アドレス)に「FIRE」を加えます。

 

例えば、

http://www.youtube.com/watch?v=h9nbSgzMfcM


http://www.youtubeFIRE.com/watch?v=h9nbSgzMfcM

と、「FIRE」を追加。「Enter」キーを押して変換ページにアクセスします。

変換する



変換ページにいくと、このような画面が表示します。


「MP3」を選択すると次の画面が開くので、「変換開始クリック」をクリックします。
(※このボタンは画面中央あたりにあります。最初は見つけづらいかも)



次のページで「ダウンロードへ進む」をクリック。
次のページで「規約に同意してダウンロードする」をクリックすると完了!

関連記事