2016.08.26

早く吹っ切りたい! 失恋から早く立ち直るためにやりたいこと4つ

「最高に盛り上がった恋だったのに・・・・・・」「今までで一番大好きな彼氏だったのに!」
失恋は誰しも辛くて切ないもの。心に穴がポッカリ空いてしまって、何もやりたくなくなってしまいます。

しかし、そんな失恋をいつまでも引きずっていたら、時間をロスするだけでいいことは一つもありません。

そこで今回は、失恋から早く立ち直るためにやりたいことを4つ紹介します。自分の心に効きそうなものをぜひ試してみてくださいね。

1.夏のイベントに参加

「死ぬほど好きだった彼氏にフラれて落ち込んでいる時、友人に夏フェスへ連れ出された。乗り気ではなかったが、そこで出会った男が意外にタイプで楽しかったな笑顔になった」(21歳/営業)

夏のイベントは気持ちもグンと開放的になるもの。自然とその場の明るい雰囲気で一緒に楽しむうちに意気投合して…というような出会いにも期待できそうです。むしろ、コンパなどよりも気負わずに新しい恋を見つけられるかも。

もちろん、出会いというのを意識しなくても、そういったイベントはいい気分転換にもなるので、イベント盛りだくさんの夏は、失恋を吹き飛ばすには良いシーズンですね。

2.すべてをイメチェンする

「元彼が好きだった服、髪型、メイク・・・・・・。ほめてもらった思い出のぶんだけ辛くなるので、全部をチェンジしました。勇気がいったけど、心が軽くなったかも」(23歳/大学生)

彼がほめてくれた服や髪型などは、思い切って変えてしまったほうがいいでしょう。同じままでは過去の思い出に縛られて、長く引きずる原因にもなりそう。いい機会だと思って、イメチェンを楽しんでやってみると、心もスッキリしてくるはずです。見た目がガラッと変われば、あらたな出会いにも繋がるかもしれませんよ。

3.一人旅をしてみる

「自分の心を整理するために、一人旅に出てみた。美しい景色や気持ちいい温泉に浸かると、また一から(恋を)がんばろうって思えた」(24歳/広告)

家にこもっていると沈んだ気持ちになりがち。しかし、いつもと違った環境に身をおくと、自分を冷静に見つめることができ、新しい希望や活力がわいてきやすいでしょう。失恋の後なら、寒い地方よりも暖かな南の方に旅するのが、気持ちも温かくなっておすすめです。

4.自分の趣味を掘り下げる

「何もしないでいると元彼のことをすぐに思い出してしまうので、とにかく夢中になれるモノ、私は趣味のネイルアート作りに没頭。おかげでプロ級の腕前になった」(22歳/販売)

彼がいると、そのぶん自分の時間って少なくなってしまいがち。失恋してしまったときこそ、趣味など、自分ひとりの時間を楽しんでみましょう。

もしかして、その趣味をエキスパートレベルまで向上させれば、将来の副業にも役立つかもしれません。失恋の悲しい気持ちに浸る隙を埋めることもでき、一石二鳥ですね!

おわりに

失恋はとても辛くて悲しいもの。でも、後から冷静に振り返ったとき、その失恋のおかげで学べたことは多いはず。

決してマイナスばかりではありません。終わった恋には早めにサヨナラをして、新たな恋に向かって前向きに過ごしていけるといいですね。(齊藤カオリ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事