2016.08.27

愛され女子の共通点。「素直さ」を身につける4つのステップ

男性から圧倒的な支持率を得る愛され女子、あなたの周りにもいませんか?飛びぬけてかわいい見た目でもなく、どこにでもいそうな子なのに男性の注目を集める彼女らには「素直さ」を持っているという共通点がありました。

甘えるのも喜ぶのも上手なあの子はみんな素直さを大きな武器にしています。そんな「素直さ」を身につける簡単なポイントを見てみましょう。

1.ささいなことでも感謝を伝える

「ささいなことに対しても、きちんと感謝を伝えられる子は、礼儀正しいし好感がもてます。何気ないところだとは思うけど、『ありがとう』と言ってもらったことって案外印象に残るものだと思います」(22歳/公務員)

感謝をしっかり伝えられると、素直な印象に繋がります。案外、素直に「ありがとう」と伝えるのは照れくさかったりするものですから、小さなことでも感謝の気持ちをしっかりと言葉にできる人は、同性から見ても好印象ですよね。

たまに、恥じらいを感じているのか「ありがとう」の言葉がなかなか出ないという人もいますが、そもそも感謝を伝えないのは失礼です。お礼を言うと、相手も気分が良くなりお互いにとってプラスになるので、積極的に感謝の気持ちは伝えましょう。

2.反省を見せる

「自分の非を認めて謝れる人って意外と貴重だと思います。大人になると意地をはってなかなか言えない人の方が多くなるので、そういう素直さは良い印象に残ります」(29歳/医療事務)

もしケンカしたり、相手を怒らせてしまったとき、自分が悪いと少しでも感じたらしっかりと「ごめんなさい」を伝えるようにしましょう。つい意地をはってしまい、なかなか言葉にできないことが多いですが、これを素直に言えるかどうかは非常に大きなポイントです。

ケンカから時間が経てば経つほど、謝るのが気まずくなってしまいますから、気持ちはすぐに伝えることが大切です。

3.自分のしたいことをきちんと伝える

「どこ行きたい?何が食べたい?などと聞いたときに、『○○に行こう』『●●が食べたい』と、自分の気持ちを示してくれるとすごくありがたい。『なんでもいい』『どこでもいい』と言われるとテンションが下がる」(20歳/大学生)

「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」というのは、一見寛容なように見えますが、相手に決定権を全てゆだねていることから、「興味がないんだな」と思われてしまいます。

そのため、彼のモチベーションを下げてしまうことになりかねません。これ!と明確に意思表示ができなくとも、「これは苦手だから、それ以外にしよう」「こういう感じがいいな」など、とにかく自分の意思を見せることが大切です。

4.人の話を上手に聞ける

「人の話に変に茶々を入れたり反論したりせず、きちんと聞ける子は、素直だなぁと思うし、話がしやすくて安心できる」(28歳/IT系コンサル)

相手の話していることを上手に聞くというと難しいように思えるかもしれませんが、きちんと相槌を打ったり笑ったりというような反応を見せるだけで、聞き上手な印象を与えます。

相手の話に反応とは言っても、いちいち反論したり、話の内容とは違う話を突然振ったりするのはNG!相手と意見が違ったり、違う話をしたくても、まずは一旦相手の話を最後まで聞き、その上で自分の意見を話したり、自分の話をするようにしましょう。

おわりに

素直に生きると言うだけなら簡単ですが、実践するのはなかなか難しいものです。年を取るほどしがらみが増え、素直さがなくなってしまうことも…。

「素直さ」を自然に出せる女性は魅力的ですし、それをアピールすることで、男性も異性として意識するようになるかもしれません。素直でピュアな女性になって、恋愛もステップアップしてみませんか?(恋愛エステティシャン桜子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事