2011.08.10

子連れ海外旅行♪上手なプランニングの秘訣

夏がやってきました!夏休みといえば、頭に思い浮かぶのが旅行。


独身を謳歌されている方は、彼や彼女、友達と一緒にあまり時差のことを考えずに好きな国を選んで旅行されることでしょうね。ところが、子連れで旅行となると、いろいろ考えることが多くなります。


そこで今回は、上手な子連れ海外旅行のプランニングについて、夏の家族旅行を計画されている方のためにもご紹介したいと思います。

 

子連れ旅行といっても、小学校低学年以上のお子様連れであれば、多少の無理はききますから、ここでは乳幼児から小学校低学年以下のお子様連れの旅のプランニングとさせてくださいね。

子供が楽しめる行き先とは?

小さな子供連れで旅をする場合、初めに考えたいのはどの国を旅行するのかということですよね。ショッピングなどがメインの旅行は、小さなお子様連れには不向きです。

できれば、ビーチリゾートやテーマパークなどで遊べる旅行を、子供をメインにして子供が楽しめる旅行を考えてあげてください。

 

アフリカなどでサファリも素敵ですが、子供たちには負担が大きすぎます。

初心者にお勧めの旅行先

行き先の検討がついたら、今度考えなくてはならないのが、時差、子供たちの食事などです。時差が日本とあまりに大きい場合は、のんびり滞在できるくらいの日程を組まないとNG


たとえば、会社の休みの都合で、今回は4日間くらいしかまとまった休みが取れなかったという場合は、近場の海外にスポットを当ててみましょう。海外旅行が初めて、という方であれば、飛行機で約4時間弱のグアムなんかもお勧めです。

 

時差が3時間以上ある国だと、体の負担も大きくなります。オーストラリアのケアンズも、お勧めのバケーション先ですよ!


基本は子供たちが無理をしなくて済み、親も疲れに行っただけの旅行にならない場所を選びましょう。

節約でハワイならこれくらい!予算の例

大人二人、子供2人(うち乳児1名)でハワイ4泊6日の旅をHISで予約した我が家。参考までに、格安でハワイ旅行を予約した我が家の詳細を紹介します!

 

HIS、7月中旬出発のミラマー・アット・ワイキキにステイする旅は、飛行機とホテルなど全額で約36万円でした!


以前、グアムのハイアットに1週間滞在した時と同じくらいの予算です。


時期にもよりますが、節約旅行ということでハワイに飛ぶと、7月なら35万ちょっとでいけるようですよ!

 

現地で使う予算は、お土産代なども考えて多めに見積もっておいた方がよいでしょう。ハワイはリゾート地だけあって、リゾート使用料金が色々とかかります。

現地でのアクティビティは現地で決めよう!

海外旅行というと張り切って、日本から予約できるオプショナルツアーなんかを予約してしまう方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ところが、現地についてみると時差ぼけで体調が万全でなかったり、クーラーの空調で風邪気味になってしまったりと思ったようにスムーズにいかないことが多いものです。

 

そこでお勧めなのが、アクティビティは実際に現地に着いてから決めることです。日本でおおまかにどんなことがやりたいのか決めておき、実際に予約するのは現地についてからで十分でしょう。

 

ほとんどのアクティビティが前日の申込でOKだったりしますよ!

ビーチリゾートに行くなら、昼間の時間帯は休憩にする

小さな子供は特に、紫外線のダメージは著しく受けてしまいます。

ビーチリゾートに行く場合は、朝早くに海に入り、昼間は休憩したり、ショッピングしたりで、また夕方に海に入るなど工夫が必要です。無理をさせると、熱を出したりするので気をつけましょう。

子供の食べ物は食べ慣れたものを持参しよう

食べ物については、やはりお子様たちが食べ慣れたものを携帯するのが、一番の安全策です。旅先で体調がすぐれないとき、大人の私たちでさえ日本食が恋しくなりますからね。重くなっても帰りは軽くなると考えて、子供用の食事は数回分持っていきましょう。

関連記事