2016.08.27

うまく活用せよ!男ウケする「猫かぶり」とウケない「猫かぶり」

好きな人を目の前にすると、どうしても自分を可愛く見せたい、女性として扱って欲しい、
そんな気持ちから「猫をかぶる」女性は多くいるはず。

でもいったい、猫をかぶったあなたを見て、男性はどう思っているのでしょう?
そして、自然な姿で恋を楽しむためにはどうすればいいのでしょう?
“素直な”自分に自信が持てるように、考えて行きましょう。

【「猫をかぶる」ってどういうこと?】

言い換えれば、「かわいこぶりっこ」という表現にもなるかもしれませんが、「生まれつき持っている性格を隠して、大人しそうに表面だけをよく見せること」の例えです。
意図的に男性を落としたくてやる場合もあれば、自覚がなくても、自然に彼への想いからそういう行動になってしまっている場合もあるでしょう。

・上目遣いをする、ワントーン高い声で話す
・酔ったフリ、わからないフリをして、甘える
・友達の前と態度が変わる(大人しくなる、いい子ぶる)

などなど、様々でしょう。
まずは自分の行動を見直して、猫をかぶっている自分を客観的に見つめてみることも必要です。

【男性から見た「猫かぶり」な女性】

あまりにもわかりやすく、ぶりっこをしていたり、バレバレな甘え方をしている女性は、さすがに男性も引いてしまうようです。
男性が引いてしまう女性の猫かぶりの例は、

・特定の相手の前だけ態度が豹変する。
・ひとりでいるときの様子があまりにもヒドイ・世話焼きアピールで、何でも手をつけようとする

などなど。
「私いい女でしょ!」「私気がききます!」と、女性の強い自己顕示欲が見えると、男性は気持ちが冷めてしまう傾向に。
これによって、彼にドン引きされた!なんて失敗も起こってしまいそう。
彼の関心を引きたいからといって、闇雲に自分を取り繕うことは避けましょう。

【彼の心を掴む「猫かぶり」】

彼に好かれたい一心で考えすぎると、上記でお伝えしたような「わざとらしい猫かぶり」が発動してしまいます。
ですが、しっかり自分をコントロールして「さり気ない猫かぶり」ができれば、反対に男性からの好感を生む場合もあるようです。

たとえば、ボディータッチ。
何度もベタベタと触るのはNGですが、他の男性とは距離感があるのに、気になる彼にだけ、さり気ないポイントでほんの数回触れてみると、上手に“特別感”を演出することができます。ハイタッチでもいいし、笑いながらツッコミを入れてみたり…
「あれ?もしかして俺にだけしてくれているのかな?」と、“もしかして…”を思わせるさりげないアピールができると、彼の心をときめかせられそうです。

普通の友達より“ほんの少しの特別感”を演出することが大事なのです。
何でもかんでもアピールするのではなく、ポイントを抑えて、メリハリのある行動を心がけましょう。

【自分の「素」をしっかり活かしましょう】

男性は、「自分を特別視してくれる女性だからこそ好きになる」とは限りません。
もちろん尽くされること、大切に思われることは嬉しいことですが、友達と楽しそうにしている様子や、何かに努力し、頑張っている姿が、本来のあなたらしい魅力。
取り繕った魅力をアピールするより、自分自身が本当の意味で輝けるような前向きな努力が必要ですね。
趣味も勉強も遊びもファッションも、あなたらしく極めて行きましょう。

そして、何より大切なのは彼を知ろうと努力すること。
彼の喜ぶポイントは?好きなものは?何をしている時に笑顔になる?
知ったかぶって表面的に尽くすのではなく、わからないことは聞く、会話をして彼の行動から喜びのポイントを知ろうとする、素直でひたむきな姿の方が好印象でしょう。

【おわりに】

「猫をかぶる」行為は、うまく活用していけば効果を発揮します。
しかし、猫をかぶって取り繕うことに慣れてしまうと“自分に嘘をつく恋”しかできなくなってしまいます。

ありのままの自分を受け入れて、素直に彼に甘えてみることも必要なのです。
猫をかぶるポイントを見極めて、恋のスパイスとして使い分けていきましょう☆(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事