2016.08.29

周りをイラァ~っとさせる!イベントでの「イタい女子の行動」って?

もうそろそろ9月に入りますが、大学生の皆さんはまだまだ夏休みの真っただ中でしょう。
世間ではもう“夏真っ盛り”といった雰囲気がなくなってきましたが、これからイベントに参加しようという学生の皆さんもいるかもしれませんね。

残り少ない夏。せっかくの楽しいイベントなのに、ちょっと空気が読めないイタイ子って思われてしまうと、あったかもしれない新しい出会いも残念な結果になっちゃいます。

こんな行動は避けてみてくださいね。

◆アウトドアでは服装に要注意!

たとえば、バーベキューの場合。
バーベキューって異性も含めて大勢でワイワイできるイベントのひとつですよね。
一緒に料理を作るということで、気になる彼に接近できるチャンスにもなるはずです。

また、野菜を切るだけの簡単な作業とはいえ、普段包丁を使っているかがすぐわかるので、手際がいいと、「この子、料理が上手なのかな」と男性の期待値をあげることもできますよね。

そんなバーベキューに、動きづらそうなピンヒールで来たとしたら…。

一瞬にして全員から「何しに来たの??」と思われてしまいますよ。

河原や公園のような原っぱで開催するとわかっていたら、歩きにくいことは予想できますよね。バーベキューの雰囲気を楽しむためにみんな集まっているのに、そんな服装で来たらTPOをわきまえられない空気の読めない子だと思われてしまいますよ。

アウトドアイベントでは、それにあった服装をしましょうね。

◆海で日焼けを気にしすぎるのもダメ!

頭からタオルをかけて、パラソルの下から離れない…。
せっかく海にきたのに、紫外線にあたりたくないからって周りとは別行動してしまってはいませんか?

これでは、
「じゃあ、なんで海に来たの?」
そう思われてもしかたないですよね。
ずっと日陰にこもっている女子は、男性からしてみたら、海に入って遊ぼうって誘いづらいですよ。

せっかくみんなで遊びにきたのに、難しいコだなって印象を与えてしまっては、次にお誘いがこなくなってしまうかもしれません。

海で遊ぶのがイヤなのであれば、最初から断りましょうね。

◆お祭りでは靴ずれに気を付けて!

夏祭りが終わっても、意外と秋祭りってありますよね。お祭りのときには着たい浴衣って、普段の洋服と違って、女の子らしさをアピールできるいいアイテムです。

浴衣にあわせるなら下駄をはきたいところですが、すぐに靴ずれができてしまうし、足が痛くなってしまうもの。

でも、靴ずれができてしまうことは、初めから予想できますよね。
だったら靴ずれ対策を万全にしてから出かけましょう。

対策もしないでそのまま出かけて、「足が痛い…」と動けなくなってしまっては、一緒に来ている人たちも対応に困ってしまいます。
さらに「動けないからばんそうこう、買ってきて!」なんて誰かをパシリに使ってしまうなんてもってのほかです。

「はじめから、ばんそうこうぐらい持ってこいよ!」って、参加しているみんなをイライラさせてしまいますよ。

◆おわりに

普段とは違う女の子らしさをアピールできるのがイベントのいいところ。
せっかくの機会に空気の読めないコと言われてしまうような行動をしてしまってはもったいないですよね!

残念な行動は避けて、イベントを楽しみましょう。(桃助888/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事