2011.07.20

原因をつきとめて対処しよう☆イビキの悩みを改善させる5つの方法

 
大なり小なり、たいていの人はいびきをかいているものですが、あまりにも大きいと、一緒に眠る家族や恋人に申し訳ないですよね。

そこで今回、いびきを改善させるための方法をまとめてみました。

ダイエットをしよう!

いびきの原因のひとつとして、肥満があげられます。これは、首回りに脂肪がつくことで、気道が狭められていびきをかいてしまうというメカニズム。日頃から運動して、できるだけ脂肪を燃焼させてください。

まくらを変えよう!

あなたは、本当に、自分に最適なまくらを選んでいますか?硬すぎたり柔らかすぎたり、低すぎたり高すぎたりするまくらを使ってませんか?

実は、自分に合っていないまくらを使っていると、気道が詰まってイビキをかいてしまいます。でも、自分に合うまくらを見つけるのは難しもの。なので、専門店に行って、スタッフに診断してもらうのがおすすめです。

横向きで寝てみよう!

仰向けで寝ると、気道が狭まってしまうので、横向きで寝るのがおすすめ。これだけでイビキがグッと改善されます。

毎日のクセを変えるのはけっこう大変だと思うので、抱きまくらなどを活用して、睡眠姿勢の矯正をはかりましょう。

鼻呼吸を心がけよう!

口呼吸をしていると、寝ている時も口が開きやすくなり、そうすると気道がふさがってしまいます。ですから、日常的に鼻で呼吸するように意識してください。

また口呼吸の人は、鼻に疾患を抱えている人も多いようなので、気になる人は一度、耳鼻科にかかってください。

規則正しい生活を心がけよう!

ストレスもいびきに関係していて、精神的に負担がかかると、口呼吸になりやすいと言われています。食事をきちんと食べ、睡眠をしっかりとって、ストレスをためない生活を実践しましょう。

禁煙しよう!

タバコの煙によって、気管や鼻の粘膜が荒れてしまい、スムーズな口呼吸が妨げられてしまう危険性もあります。

「百害あって一利なし」と言われるタバコですが、イビキにも悪影響があるんですね。
関連キーワード

関連記事