2016.08.30

早く立ち直るために。失恋のダメージをこれ以上悪化させない方法

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

失恋は何度重ねても辛いものです。
誰もが早く立ち直って前を向きたいと思うでしょう。
そんなときは、失恋のダメージを深くしないことが大事。

今回は、失恋したあなたが、これ以上ダメージを悪化させない方法をお伝えします。

1.しばらくSNSは放置すること

SNSはしばらく放置しましょう。

失恋した後は、心が傷ついていますし、気持ちも不安定。
本来のあなたではない状態が続きます。
そんなときに、SNSを使うとたいてい、不安定で理解しがたい言動になったり、攻撃的になる場合もあります。

そうでないにせよ、いつものように周囲の空気を読む力が低くなっているので、ロクな言動にはなりません。

失恋後は冷静ではないので、SNSは触らないこと。
後で、立ち直ったとき、ロクな投稿をしなかったことに後悔するかもしれませんからね。

また、SNSを触りだすと、別れた相手の投稿もついつい見てしまいがち。
ますます心がかき乱され、傷が深くなってしまう可能性が高いのです。

2.ところかまわず、話さないこと

失恋後は誰かに話したくなる人もいるでしょう。
たしかに話を聞いてもらえると心が楽になりますが、それはちゃんと話を聞いてくれて、受け止めてくれる人の場合です。

問題なのは、あなたのことを否定したり、ダメ出しをしたり、付き合っていた元彼の悪口を言われた場合です。
相談した相手に悪気がなくても、時には、それらがあなたの心の傷となる場合もあります。

話す場合は、相手を選ぶこと。
信頼でき、最悪ダメ出しされてもいいと思えるような人にしたほうがいいでしょう。

また、別れた彼と共通の友人に話したときには、会話の内容が間接的に元カレに伝わってしまうリスクもあります。

第三者からの話は大げさに伝わってしまうもの。もし、それが悪口だったら、彼との関係がよけいにこじれてしまいます。

3.異性との出会いを求めないこと

誰でも失恋した後は、無意識に自分の価値を下げてしまいます。

そんなとき、積極的に異性との出会いを求めると、普段より自分への評価が低くなっている分、いつもは惹かれない異性とお付き合いすることになりますし、不誠実な異性に騙されることもあります。

最悪、よけいに傷つく経験をするかもしれませんし、後々、失恋から立ち直ってから後悔することになるかもしれません。

4.別れた彼と連絡を取らないこと

別れた彼と連絡をとってはいけません。
別れた理由や別れ方はどうであれ、彼もしばらくは、あなたに対して距離を置きたいはずです。

そんなときに、しつこく連絡を取ってしまうと、ますます関係がこじれてしまいます。
最悪の場合、連絡を断たれてしまうかもしれません。
そうすると、あなたはもっと傷つくことになります。

失恋後はカレに連絡を取らない、しばらく何もしないことです。

おわりに…

いかがだったでしょうか?

失恋は新しい出会いと時間が解決するといわれていますが、確かにそれは本当です。
しかし、解決するスピードは失恋後の過ごし方で大きく変わってくるのです。

今後の参考にされてください。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事