2016.08.31

じゅるっと甘~い「スイカ」の意外な美容効果って?

暑い夏、冷えたスイカを食べて暑さを忘れたいですよね。夏の果物として代表的なスイカですが、その91%は水分でできていて、脱水症状を防いでくれるんです。夏によく食べられているのはとても理にかなったことだったんですね。
今回は、そんなスイカにまつわる美容効果と豆知識をご紹介します。

1)スイカの美容効果って?

*トマトよりもリコピンが多い!?
リコピンといえば真っ先に浮かぶのは「トマト」ですよね。リコピンにはアンチエイジング効果があり、脂肪燃焼を助けてくれるとも言われ、トマトは一時期大ブームになりました。

しかし実はスイカは、トマトの約1.5倍ものリコピンを含んでいるんです!ですから、美容にとっても良い果物なんです。

甘くてジューシー、誰でもおいしく食べれるスイカは暑い時期にはもってこい。ジュースにすると、一度にたくさんのリコピンを摂取することができますから、手軽に美容効果を得られますよ。

*運動するあなたにもメリットいっぱい!
スイカにはアミノ酸の一種であるシトルリンと言う成分が含まれています。このシトルリンは血流を良くする効果があり、運動する30分前までにスイカを食べれば筋肉増強、そして運動後に食べれば筋肉痛を和らげる効果があるといわれています。
運動をして健康的に痩せたい!という方にはとてもピッタリですよね。

2)白い部分も種も栄養がたっぷり!

ほとんどの人がスイカの赤いところだけを食べて、皮の部分は捨ててしまうと思いますが、その白い部分にこそ、実は栄養がたくさん含まれているのです。

特にお肌の元になるアミノ酸は、赤い実の部分よりも白い部分に多く含まれています。そのまま食べると味がなくておいしくないですから、お漬物にして食べるのがオススメ。
白い部分を包丁で切り、塩を振って1日寝かせるだけでお漬物になりますから、ぜひ試してみてくださいね。
また、スイカの種には鉄、亜鉛、たんぱく質、食物繊維が豊富に含まれています。
「種を食べるとおへそから芽が出てきて、お腹が痛くなるよ」なんて子供の頃言われた方もいるかもしれませんが、実は栄養がたっぷり詰まっているんです。…と言っても種をバリバリ食べてもおいしくないですよね。

ですから、1)で紹介したスイカジュースをつくる際に、種も一緒にミキサーにかけてジュースにしてしまうのがオススメです。

3)スイカを買うときのコツって?

スイカって、ものによってはあまり甘くなかったり中身がカスカスだったり…ということがありますよね。良いスイカを見極めるにはまず、重いものを選びましょう。大きいものがいいという意味ではありません。同じ大きさのスイカが並んでいたらその中で重いものを選んでください。

そして叩いてみてください。ボンボンと言う響のある音のするものが中身のいっぱい詰まったおいしいスイカです。また、黄色の斑点は、スイカが腐っている証拠です。斑点のないものを選びましょう。

最後に

シーズンのフルーツは1番栄養価が豊富です。夏バテ予防にも美容にも効果的なスイカ。おいしくみずみずしいスイカを食べて、この夏を乗り切りましょう。(桃助888/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事