2016.08.31

遊びのつもりだったけど「俺、本気で好きかも」と惚れ直した瞬間・4選

ずっと友達だと思っていた異性と一線を超えてしまった日。酔った勢いで気になる男性に身を任せてしまった日。

「どうしてあの人とヤっちゃったんだろう…」

なんて過ぎてしまったことを後悔してもムダ!それっきりの関係ではなく、本命彼女を目指せばいいのです。

そこで今回は、20~30代独身男性の意見を参考に、ワンナイトラブで終わらせない!「カレを本気にさせるコツ」をご紹介します。

1.「今までで1番よかった」とエッチを褒められた

「たとえどんな相手でも、キスやエッチを褒められると嬉しい。特に『今までで1番よかった』って言われると、相性が良いのかなって思うし」(27歳/金融)

付き合うならカラダの相性のいい相手がいいと思っている男性がたくさん!勢いでベッドインしてしまった相手でも、「こんなの初めて」「今までで1番」と褒められると、舞い上がってしまうといいます。こんなはずじゃなかった…と後悔する前に、次のデートに繋がる褒め言葉で、カレのハートをぐっと掴んでみて!

2.「もう、本気で好きになっちゃいそう」と冗談っぽく言われた

「エッチが終わってまったりしているとき、じーっと見つめられながら『本気になっちゃうかも…なんてね!』と言われてドキッとした」(29歳/IT)

付き合うつもりのなかった女性に、「○○君のこと、本気で好きになっちゃいそう」と言われると、「純粋な子を傷つけてしまった」と罪悪感でいっぱいになるんだとか。あまり深刻な感じで言うと、カレを凍り付かせてしまうことがあるので、冗談っぽくサラッと口にするのがベスト!相手が真面目な男性であれば、その良心に響くようです。

3.1週間以上、何の音沙汰もなかった

「酔った勢いだったから、もしかしたら交際を迫られると思っていたんだけど、何の音沙汰もないと、妙に焦る。これって俺の方が気持ちが傾いてるってことだよね」(26歳/医療)

まだ交際していないのにカラダの関係を持ってしまったとき、「私たち付き合ってるの?」なんてカレに迫りたくなるもの。

でも、それは男性をゲンナリさせるだけ。カレを本気にさせるには、1週間以上連絡を取らないのが1番なんです。「この前はごめん」「もう一度会えないかな?」と謝罪の言葉が聞こえてきたら、この恋を手に入れたも同然ですよ。

4.別れ際にあっさりバイバイされた

「ちょっとまずかったかな…とビクビクしていたのに、あっさりバイバイされて拍子抜け。交際を迫られると思っていたから、ちょっと胸がキュンとしちゃった」(27歳/公務員)

プライドの高い男性ほど、女性より優位に立っていたいと思うもの。だから、ベッドでの盛り上がりがウソのようにあっさりバイバイされると、「あれっ?」と拍子抜けしてしまうんだとか。いつも追いかけることに慣れているモテるオトコは、あえて興味のないフリをして放っておくのがベストかもしれませんね。

おわりに

ちょっとしたポイントを抑えるだけで、ワンナイトラブを“本気の恋”に変えることができるんです。あなたも交際よりも先にカラダを許してしまったカレのハートに、そっと火を付けてみてはいかがですか?(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事