2016.08.31

映画デートで男子をズキュン!「さりげないボディータッチ」のコツ

こんにちは!
恋愛カウンセラー/占い師のあやかです。
今回はこちらの女性から寄せられたご相談についてお答えしていきます。

「今度好きな人と映画を見に行きます!
恋愛映画ということもあり、暗い中でふたりの時間を過ごせるので勇気を出してボディータッチをしてみようと思います!
ですが、映画のどのようなシーンでボディータッチをすればいいですか?」

せっかくのふたりきりの映画デートのチャンス!
彼をドキッとさせたいですよね。
そんな時に役立つ、さり気ないボディータッチ術をお伝えしていきます!

【愛や感動を共有しよう】

恋愛映画だと特に、キスシーンや、ふたりの愛情が育っていくシーンなど、そんなほのぼのしい場面がきっとたくさんありますよね。
心が「きゅん」となるようなシーンは、男女関係なくテンションが上がるもの。

そして感動のシーンでは、やるせない、切ない、ぐっとくる感覚が胸を締め付けます。
そのタイミングで、さり気なく彼の服の裾を掴んだり、手や腕に触れてみましょう。
手が難しければ、彼の太ももあたりを触れてみるのも良いでしょう。
「きゅん」とした気持ちはさらに加速し、ドキドキすること間違いなし!
「切ない」気持ちは共感することで、ふたりの安心感や感謝の気持ちに繋がるはずです。

【笑いを共有しよう】

映画の中で笑えるシーンや、コミカルなシーンがあれば、そのときに彼の顔を見つめてみましょう。
「このシーン面白いね」という自然な形で、目線で合図を送ると、盛り上がった気持ちを共有できることで、彼もとても嬉しく思うでしょう。

爆笑シーンであれば、手を叩いて笑うときのしぐさのように、彼の腕や足に「ぽん」とソフトなツッコミをいれてみましょう。
笑いという自然な姿で彼に接近することで、楽しい空間を演出できるはずです。

【さりげなさが大切です】

大げさに何度も繰り返してしまうと、
「この子は誰にでも触れる、軽い子なのかな?」と誤解を生んでしまうこともあります。
場面や状況に合わせて、ほんの少し触れることで、もどかしい中にもドキドキした感覚を生み出すことができます。

私自身、男性の恋愛観をいろいろと聞いてきましたが、男性はボディータッチされると嬉しいという人が大半です。
触れることだけではなく、自然に目線を合わせて微笑んだり、うまくふたりの距離感を特別なものに変化させて行けると、ロマンチックな恋へと変化していくことでしょう☆(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事