2016.09.01

男子よりもきびしい目線!女子会コーデの注意ポイント

女子会コーデのファッションで、多くの女性が悩む理由。それは、同じ女子だからこそ、きびしい目でファッションをチェックされることです。これならデートのほうが楽なのでは?と思われる人もいるでしょう。

そこでここでは、女子会のコーデで特に気をつけたいポイントをまとめてみました。

すぐにバレる「手抜き」と「安物」

女子会で気をつけたいところは、ファッションはもちろんのこと、メイクひとつをとっても、すぐに「あ、この子今日手を抜いているな」とバレてしまうことです。男性の目はごまかせても、身なりに対して女性は目ざといものです。

また、セール品などの安価なアイテムも高確率で見破られてしまいます。まずは、気合を入れてアイテムを選ぶ心がまえからつくっていきましょう。女同士はいろいろと大変なのです。

やりすぎは禁物!

女子会コーデでのポイントは「手抜きしない、でもやりすぎない」です。例えば甘めのコーデでまとめたとしても、全身をピンクやフレア系のアイテムで統一してしまうと「この人がんばりすぎじゃない?」と冷ややかな目で見られてしまいます。

背伸びのおしゃれは、どちらかというと男子ウケ。女子ウケを目指すなら、トータルバランスの良さを意識しましょう。

ワンポイントおしゃれでさりげなく

とはいえ、女性ならこだわりのファッションポイントは作りたいところ。そんなときは、お洋服よりも小物に力を入れてみましょう。

ブランドもののバッグや派手なネックレスなど、気合の入った小物はファッションのアクセントになります。もし場違いな感じになってしまったら、さりげなく取り外しておけるのも、小物ならではの便利さです!

メンバーに合わせたファッションが無難

女子会では、メンバーによって雰囲気が変わります。その会に集まるのは何の仲間でしょうか?同級生?同僚?部活のOB?周りの雰囲気に合わせることを考えると、自然に当日のコーデが見えてくるでしょう。

また、会場の雰囲気も考慮に入れておいてください。目立つコーデで仲間内のファッションリーダーを目指すのも悪くないですが、やはり、周りとの会話にスムーズになじめるよう、協調性を意識しましょう。

女子の目のきびしさを意識しよう

女子会のファッションは意識しなければいけない点が多くて大変ですよね。しかし、女子のきびしい視線をくぐりぬけてこそ、真のおしゃれ上級者です。自分磨きの一歩だと思って、手を抜かずに女子会コーデを完成させてください。(あんと/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事