2016.09.01

経験者に聞いた!元カレと復縁に成功したキッカケとは?

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
私は恋愛のもやもやをデトックスして、相談者様に新しい幸せな恋愛に向かってもらう仕事をしていますが、相談者様の本当の幸せが「一度終わった恋」にあることも少なくありません。

そこで今回は、復縁に成功した経験者から復縁のキッカケについて聞いてきました。

1.偶然の再会

「私が彼の職場の近くで事故に遭ったこと。たまたま警察の聴取中に彼が現場を通ったらしく、心配してメールをしてくれたり、食事に誘ってくれたりして、また会うようになりました。そのままお互い付き合ってる人もいなかったので、復縁。そのまま結婚しました。」(35歳/女性/主婦)

「偶然電車の中でばったりあって、連絡先も消してたけどもう1度連絡先交換して復縁しました!
普段行かないところにひとりでいったときだったので、もうこれは神様からの復縁しろというお告げに違いない!と思いました(笑)」(19歳/女性/専門学校生)

ドラマのような偶然の再会・復縁実録!
逆に言えば、偶然を装って元カレの現れそうなところに行ってみたら、久しぶりに話をすることができるかも?

2.久しぶりの連絡

「誕生日に彼からおめでとうメッセージがきた」(28歳/女性/小売)

「携帯の機種変更したときメアドも変わるから、連絡を1年ぶりくらいにしたら相手はメアド変わってなかったからそこから連絡するようになって再び付き合い始めた」(25歳/女性/職業不明)

筆者調べですが、友人と久しぶりに連絡をとるのに困らないタイミングランキング1位は「お正月」、2位は「誕生日」。
言い訳を考えずに連絡できるので、元カレのことが忘れられないのなら誕生日に連絡してみては?

昔は携帯電話の機種変更時に連絡なんてこともよくありましたが…LINEが主流となった今、ひとつ復縁のキッカケがなくなってしまったんだなと少し切なくなりました。

3.SNSでのつながり

「mixiであしあとがあって、わたしもあしあとをつけたら連絡が来て、久しぶりに再会をしてから…」(26歳/女性/医療・福祉)

筆者の友人でも、フェイスブックでつながったことがキッカケで久しぶりに連絡をとって復縁…という子が数人います。

最近は、実名登録のSNSも増えて探しやすくなりましたよね。
電話番号もLINEもわからない!という人は、SNSでつながるというのも一つの手かもしれません。

4.周囲の協力

「彼氏のお母さんと連絡を取らせていただいていて、あるとき、彼氏が私のことを気にかけていてLINEを教えてもいいか聞かれたので断る理由もなくOKしたら、ずっと忘れられなかったからまた付き合ってほしいと言ってくれて、また付き合うことになりました。」(21歳/女性/医療・福祉)

「付き合いが長くなって彼のありがたみが分からなくなってしまって私から振っった彼。でも、何ヶ月か経って連絡をとり始めたらやっぱり彼がいいなと思いました。自分から言いたくなかったので共通の友達に「やっぱり〇〇くんが好き」と相談してたら彼に伝わって、彼から復縁しようと言ってくれました(笑)」(18歳/女性/高校生)

共通の知り合いが仲を取り持つキッカケを与えてくれた例も。
ふたりをつなぐものが多ければ多いほど、復縁の可能性は高くなるのかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?
「やっぱり、彼が好き…!」そう思っているのなら、もやもやしているよりも行動にうつすべきです。
この経験談を参考に、大好きなカレと復縁できることを祈っています。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事