2016.09.01

「気になる彼とうまくいくための」恋愛最強ラッキー風水占い 2016年9月1日~2016年9月15日

あなたが大好きな気になる彼とうまくいくための恋愛最強ラッキー風水占いです。この時期の彼はどんな運気なのか、どんな風に接したらうれしいかなどをお知らせしていきます。風水のパワーを使って最強の恋愛運を身にまといましょう!

気になる彼の九星は?
<彼が何年生まれかによって、九星を割り出して下さい>
一白水星:昭和29年38年47年56年/平成2年11年20年生まれ
二黒土星:昭和28年37年46年55年/平成元年10年19年生まれ
三碧木星:昭和27年36年45年54年63年/平成9年18年生まれ
四緑木星:昭和26年35年44年53年62年/平成8年17年26年生まれ
五黄土星:昭和25年34年43年52年61年/平成7年16年25年生まれ
六白金星:昭和24年33年42年51年60年/平成6年15年24年生まれ
七赤金星:昭和23年32年41年50年59年/平成5年14年23年生まれ
八白土星:昭和22年31年40年49年58年/平成4年13年22年生まれ
九紫火星:昭和21年30年39年48年57年/平成3年12年21年生まれ
その年の節分以前の生まれの方は、前の年生まれとして見て下さい。
(例:平成2年1月15日生まれの方の星は「二黒土星」です。)

一白水星

彼と何か行き違いがあったとしても、ちょっとしたことであれば、お互い信じ合い、許し合える関係性を築きあげることができそうです。あなたの方が感情的にならずに受け入れてみようと思うことが、うまくいく鍵となります。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:エメラルドグリーン
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:3

二黒土星

明るく楽しいお話のできるあなたと一緒にいることで、大きな幸せを感じられる彼です。相手のことを思いやりながら会話を進めていくと、あなたのことをもっと知りたいと感じてもらえるようになることでしょう。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:ゴールド
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:9

三碧木星

人との交流が多いときなので、何かと人付き合いで疲れがちな彼です。積極的に誘いすぎることは、今は避けた方がよいでしょう。ただ、彼の方から誘ってきたときには喜んで誘いにのってみると良いでしょう。かなり脈ありな証拠です。

◆彼をひきつけるラッキーカラー:ネイビーブルー
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:1

四緑木星

大きな目標を目の前に、色々とやる気になっている彼です。今はそのことに関して情報を得たいときなので、あなたも手伝ってあげると良いでしょう。目標がぶれないようにお手伝いをしてあげると、あなたの株も上がります。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:水色
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:8

五黄土星

彼は、自分とフィーリングの合う人を探しています。単純に意見が合うとか、価値観が合うとかそういうことだけでなく、一緒にいることが自然でいられるような相手がベストだと感じています。その感覚を大切にしてみましょう。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:パールホワイト
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:5

六白金星

彼には、将来や結婚のことを考えるときがきています。色々考えることが多い彼ですが、それは彼にとって楽しい考えごとでもあります。あなたの存在をアピールすると良いときなので、上手に話しかけていきましょう。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:コーラルピンク
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:7

七赤金星

彼がもし迷っているようなことがあれば、一緒に考えてあげるとよいでしょう。あなたの一言で、彼が良い決断ができるようになりそうです。できれば、前向きに支えてあげられるような言葉をかけてあげると、あなたへのイメージがぐっと良くなります。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:ラベンダー
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:6

八白土星

彼の気持ちが高ぶりやすいときです。彼が成功をイメージできるような言葉をかけてあげると良いでしょう。あなたが勝負の女神的な存在となって、いつでもそばにいて欲しいと思われる存在となることでしょう。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:オレンジ
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:2

九紫火星

彼の反応があまり良くないと感じることがありそう。。ただ、そのことに悲観する必要は全くありません。反応が悪いというよりも、あなたの言うことに納得していて、それ以上発言しないだけです。落ち込まないようにしましょう。
◆彼をひきつけるラッキーカラー:レッド
◆彼をひきつけるラッキーナンバー:4

おわりに

いかがでしょうか。好きな彼の九星で占うことで、彼の気持ちや、彼がどんなことを求めているかがわかります。あなたのすてきな恋愛にプラスとなりますように。(生田目浩美./ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事