2011.07.26

マラソンに挑戦したい!マラソン大会前の心得と攻略法<初心者編>



今、世間は空前のマラソンブーム。都心部でも、大きな公園を列をなして走るランナーを多く見かけます。

気楽にできて、気持ちもリフレッシュできるから、どんどんハマっていく人が多いようです。そしていずれはマラソン大会に出たいと考えている人もたくさんいるはずです。そこで今回、大会初心者の方に向けて、心得と良いタイムを出すための方法を紹介します。

靴選びのポイント

マラソン初心者の人は、「オーバープロネーション」という、着地時に足首が内側に不自然に曲がってヒザなどを痛めてしまう走り方になりがち

最近では、そうしたビギナー向けに、安定性を高めたシューズがランニングブランド各社から発売されているので、チェックしてみては?

コース研究のポイント

勾配が急な道や、潮風が吹きつける道など、大会によって走行コースは個性いろいろ。ペース配分などをきちんと計画するためにも、事前に一度、コースを走ってみたり、車で訪れるのがおすすめです。

その際、天候を把握するためにも、レースの行われる時間に合わせて行くのが良いでしょう。


食事のポイント

フルマラソンを走り切るためには、とにかくエネルギーが大切。そこで、積極的にとりたいのが「糖質」です。

ごはんやパン、うどんなどの主食系に多く含まれているので、普段より多めに食べるようにしてください。

当日も、それらの食材を中心に、食べ過ぎない程度にしっかりとりましょう。レースのはじまる3時間前には食べ終わるようにしてくださいね。

体調管理のポイント

大会にベストなコンディションで臨むには、走り込みすぎも禁物。当日に疲労を残さないようにするためにも、レースの5日前くらいからは、5kmくらいの距離をゆっくりとランニングする程度に留めておきましょう。

ただし、まったく動かさないのもNG。どんなに忙しくても、ストレッチやウォーキングくらいは行うようにしてください。

心構えのポイント

緊張をしていると、体の動きもどうしても硬くなります。さらに緊張性の腹痛などが来たら、レースどころじゃなくなってしまう可能性も。

どうしてもレース直前は不安になりますが、気持ちを大きく持って、レース前まで好きな曲を聞いたり仲間と雑談したりと、できるだけ緊張をほぐすように心がけましょう。

関連記事