2016.09.03

「時間」=「命」です!恋愛の悩みから見えるタイムマネジメント力・4タイプ

勉強、仕事、恋愛、結婚、好きなこと……。何をするにも「時間」が必要です。
そしてなぜか、恋愛がうまくいってるときって仕事や勉強も絶好調だったりしませんか?

そういうときって、「時間」をうまく味方につけてることが多いようなんです。
そこで今回は、よく聞く恋愛の悩みや愚痴を傾向別にまとめてみました。
あらゆる悩みの根本原因が「時間管理」にあるかもしれませんよ!

1.テキパキ型

「コスパ悪い。グズは嫌い。プライド高い。結果が全て」(10~30代バリキャリ女子群)

行動も早く、スキルもあって、頑張り屋さん。そんな女子は職場や学校でとても優秀です。

しかし、成果を求め続けられる環境に慣れているので、あまりプロセスは重視しません。
そのため、結婚を考えてたカレにふられたりすると、今までの全ての時間が無駄だったと考え、一気にやる気や自信を失ってしまいます。
「0か100か」の結果重視思考は自分に残酷です! プロセスや経験で得たものに注目しましょう。

2.欲張り型

「好きと言われると断れない。たくさんの人からモテたい。連日のデートやメールで睡眠不足。浮気したい」(10~20代モテ女子群)

容姿がよく、大勢の男子が集まってきます。ちやほやされる環境を手放したくないため、1人の男子に絞れません。

八方美人になると、デートにも時間が分散され、広く浅い人間関係しか手に入らないことに。
そうこうしているうちにあっという間に年をとってしまいます。優先順位をしっかりつけましょう!

3.やれてるつもり型

「人生なんてこんなもの。男なんて信用できない。言っても無駄。他人に興味が持てない。自分が正しい」(10~30代一匹狼女子群)

人が信用できないため、なんでも一人でやってしまいます。能力は高く、自信もあるのですが、他人への思いやりに欠けます。
頑固で人の話を聞かないので、どんどん人が離れていってしまい、いざというとき孤立しがちに。

時間にも1人でできることにも限界があります。全てを自分で抱え込まずに誰かを頼ってみませんか?

4.他力本願型

「本当は働きたくない。誰か養ってくれないかな~。いい男がいない。出会いがない」(20代パラサイト女子群)

親が過保護で何でも与えてくれたため、今まで受け身でもなんとか生きてこれました。
できればこのまま一生他人に面倒を見てもらって生きていきたいと思っています。

他力本願で、自ら動こうとする気力がありません。でも自分の人生ですからね……。ツケは全部自分に回ってきます。その責任からは誰も逃げられません。
何かあったときに人のせいにするのはやめましょう。
主体的に動くと、「本当に自分が欲しいもの」が手に入りますよ!

おわりに

う~ん、「生きる」ってなんだろう……?
女子たちの悩みや愚痴を聞くたびに、そんなことを思うようになってしまいました(汗)。

私自身、青二才の子どもなので人生なんて語れないんですが、「時間が大事」ってことだけはなんとなく分かります。
その時間を使って何がしたいか、自分で考えなきゃいけません。

自戒を込めてお送りしましたが、こんな愚痴を言ってしまったとき、ぜひ自分の時間の使い方を見直してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事