2016.09.03

疲労とむくみをごっそり流す!寝る前の「1分リンパストレッチ」

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!

寝る前のストレッチでやせ体質を実現できたら…
たった数分の毎日の習慣でスリム体型を叶えることができたら、嬉しいですよね。
今回は、夏の疲労とむくみを撃退してやせ体質を叶えるおすすめストレッチをご紹介します。

■リンパストレッチでやせる!?

老廃物を運び、排出するリンパ液は、筋肉のはたらきで流れています。血液は心臓のポンプ作用で動きますが、リンパ液にはそのような仕組みがありません。リンパの流れを良くするためには、リンパに関わる筋肉を動かす必要があるのです。

普段は筋肉の動きと共に流れているリンパ液ですが、長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉が硬く縮み、流れが滞ります。すとる老廃物を排出しにくくなり、代謝が下がってしまいます。

特に、暑さで体力が奪われ体内のはたらきが減退しやすい夏は、リンパの流れも滞りがち。
リンパストレッチでこり固まった筋肉をほぐして、リンパの流れをスムーズにし、代謝を高めましょう。毎晩のルーティーンにすることで、やせやすい体質に整えることができますよ。

それでは、さっそくリンパストレッチの方法を見ていきましょう。

■上半身をスッキリさせるリンパストレッチ

1.両手を腰に当て、まっすぐ前を向いて背筋を伸ばし、呼吸を整える
2.フーッと少しずつ息を吐き出しながら、背中を丸める
このとき、お腹を凹ませて絞り上げるように意識する。目線はおへそあたりに
3.限界まで息を吐いたら、2~3回呼吸を整えて1の姿勢に戻る
4.1~3を1セットとし、2~3セットおこなう

■バストアップにも役立つ、胸反らしストレッチ

1.両手を腰に当て、まっすぐ前を向いて背筋を伸ばし、呼吸を整える
2.上体をぐっと後ろに反らし、天井を見るようにする
3.呼吸を止めずに、背中が伸びているのを感じながら20秒キープする
4.ゆっくり1の姿勢に戻る
5.1~4を1セットとし、2~3セットおこなう

■下半身を整える、腰回し

1.両手を腰に当て、まっすぐ前を向いて背筋を伸ばし、呼吸を整える
2.呼吸を止めずに、できるだけ大きくゆっくりと円を描くように腰を回す
3.1・2を左まわり、右まわりで各20回ずつおこないましょう

■太ももをしなやかにするストレッチ

1.右膝を立て、左足を後ろに引く
2.後ろに引いた左足を限界まで後ろに引き、股関節を伸ばす
3.限界まで引いたら呼吸を止めずに20秒キープする
4.次に左膝を立て、右足を後ろに引く
5.後ろに引いた右足を限界まで後ろに引き、股関節を伸ばす
6.限界まで引いたら呼吸を止めずに20秒キープする

■おすすめのタイミングは「寝る前」


リンパストレッチは、筋肉をしなやかにして体液循環を整えるため、夜寝る前に行うと疲労回復や老廃物のはたらきをスムーズにしてくれます。翌朝のむくみ予防や、肌のターンオーバーをスムーズにする効果も期待できます。

どれも1分程度でできる、手軽なものばかり。身体をほぐすことで快眠効果も期待できますから、ぜひ今日の寝る前から取り入れみてくださいね。(Nao Kiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事