2016.09.04

これって両片思い!?見逃しちゃ損な男性からの「脈ありLINE」

気になるカレと仲良くなり始めたら、LINEの会話も盛り上がってくるものですよね。彼からの返信を期待して、「まだ既読つかないなあ…」と何度もスマホをチェックしてしまうことでしょう。

そんなLINEでのやりとりの中にラブサインがあることに気付かずに、両片思いのままなんてこともあるかも?!こんなラブサインを見逃さずに片思いから両想いに成就させましょう。

1.なんでもない日常会話をしてくる

男性は、基本的に用事がなければ連絡をしてこない傾向があります。送ってくるとしても、たとえば待ち合わせについてなど、シンプルな内容がほとんど。

そんな男性がわざわざLINEをくれて、さらにはなんてことない日常の話をしてくれているなら、これは脈ありのサインにちがいありません。今日あったできごとや、プライベート、仕事のことなど、彼がなんともない日常会話をしてきたら見逃さないでくださいね!

2.疑問形のメッセージがくる

相手の男性が脈なしなら、話を終わらせようとしてきたり、そっけない返答しか送ってこなかったりするもの。でも脈ありの場合はちがいます。
あなたに好意を抱いている男性であれば、やりとりを続けようとして、疑問形や質問形を繰り返し送ってくれるでしょう。

男性は基本的に連絡をとり続けることが苦手ですから、返信をくれるだけでなく続けよう、盛り上げようと配慮してくれるのは脈ありのサインです。

3.必ず返信をしてくれる

LINEで一番盛り上がるタイミングって、メッセージを送るとすぐに既読になって返信がきて…といったように、会話がテンポよく進んでいくときではないでしょうか。もし脈ありの男性なら、会話を盛り上げようとすぐに返信をくれるはず。

もし気持ちがない相手からのメッセージだったら、すぐに返信もしないし、すぐに読むこともしない、さらには返信を忘れちゃうなんてこともあるのが男性。それにも関わらず、送るとすぐ既読になって、すぐに返信くれて、時間があいても必ず返信をしてくれるのなら、これは脈ありのサインですよ。

4.グループよりも優先して返信

意中の男性が共通の友人が多い相手なら、同じグループLINEに入っている場合もありますよね。このグループLINEと個人LINEを見比べてみることでも、脈ありかどうか判断することができますよ。

たとえば、個人LINEでやりとりしているのと同じタイミングでグループLINEが盛り上がっているときに、グループLINEに返信するより先に自分宛の返信が送られてきたら、あなたのことを優先してくれている証拠。

「気にかけているよ」という男性からのアピールでもあります。同じコミュニティの彼であれば、この方法で判断するのが良いでしょう。

ラブサインを見逃すな!

早とちりもダメですが、慎重になりすぎてせっかくの脈ありサインを見逃すのはもったいないですよね。しっかり彼のメッセージを見極めて、両想いになってくださいね!素敵な恋ができますように。(akoha/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事