2016.09.05

ケツの穴ちっちゃ!器の小さい男子を心の中で裁判してみた・5例

あなたの周りには「こいつ器ちっちゃいな~」と思うような男子はいますか?
不運にもだめんずと付き合ってしまった経験を持つ20代女子20人に、思い出し怒りを爆発させてもらいました。
その中でも呆れてお口あんぐりしてしまったエピソードを5つご紹介します。
ちなみに、各タイトルは「その男子に処したい刑罰」です。レッツ判決!

1.「好きな女子の『写真』と結婚」の刑

「メールで別れを告げたら、ダイヤの石だけの不鮮明な画像を送ってきた。『残念だなー、これあげようと思ってたのに』だって!あんたがケチなのは十分わかってる。それ絶対ネットで拾ってきた画像だろ?」(26歳/研究員)

ネットで拾った画像で彼女を引きとめようとするとは、姑息というかしょぼいというか……。他にもそのカレは「電車内で彼女を見かけても声をかけずにメールで探りをいれてくる…」とか細かいエピソードがたくさんあるようなので「スモーレスト・アスホール」の称号を与えましょう。

2.「顔面サンドバック」の刑

「付き合って1ヶ月くらい経った頃、カレがいきなり私の頭をはたいてきた。怒りと驚きのあまり絶句していたら、『冗談だよ、冗談。ジョークもわかんねえの~?」ってヘラヘラしてる。あの時は意味わかんなすぎて呆然としてしまったけど、全力で殴り返してやればよかった!」(21歳/大学生)

とんでもないDV男ですね! それ単に弱いものいじめでしょう? どこがおもしろいの?
暴力は絶対に許してはいけません。1発でも殴られたら即レッドカードです。相手に反撃できない女子は速攻で逃げてくださいね。

3.「うさぎ跳びでグラウンド10周!」の刑

「不倫してた会社の先輩が、別れた途端、怯えてすごい挙動不審になりました。私の前を通るとき、視界に入らないようにしゃがんで隠れながら歩いてるの。うざい、うざすぎる……」(23才/システムエンジニア)

なにそれ、コントですか(苦笑)? そういう情けない姿を見ると一気に気持ちが冷めますよね。不倫はやめて大正解でしたね。

4.「質流し」の刑

「カレが私の誕生日に、元カノからもらったブランド物の財布を私にくれました。若干の使用済み……。しかも後から「やっぱ返して」って言ってきた。当然代わりのプレゼントはない。突っ込みどころが多すぎて、もはや何も言う気になれなかったです……」(23歳/図書館司書)

チーン。ほんと、何も言葉が出てこないですね。ご愁傷様です(泣)。
2重にも3重にも失礼を重ねていますよね。バカにされて黙ったままではいけません。そんなクズ男はさっさと捨ててしまいましょう。

5.「村八分」の刑

「大学界隈をうろうろしている有名なヤリチン(29歳)がいるんです。田舎から上京してきたばかりの新入生を狙って家に上がり込んで、人のパソコンでエロ動画を見るという……。合コンでは『初体験はいつ~?』が口癖だそうです。キモい」(24歳/大学職員)

うわ~、気持ち悪いですね~。てか、通報した方がいいんじゃ……。きっと大人の女性には相手にされないんでしょうね。優しくて純粋な女子は気をつけてくださいね!

おわりに

どうでしたか?腹立たしい過去も変なタイトルをつけるとちょっと笑えます。ペラッペラに底が浅い男子の記憶は鼻で笑い飛ばしてしまいましょう!そして前向きに生きていってくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事