2016.09.02

胸にグサッ…彼がセックス後に言われたくないセリフ・4選

彼とのエッチが終わった後、「言いたいけど、言ったら傷つくのかな?」と発言を気にしたことはありますか?

何でも言い合える仲でいたいけど、その言葉がきっかけでぎくしゃくしてしまうのは嫌ですよね。事後に言ってはいけないNGなセリフとは一体何でしょうか?

■「慌てなくても大丈夫だよ」

洋服を脱がせるタイミングやプレイの流れなど、どの場面のことだとしても、彼が焦っているように見えたらつい女性は気になるかもしれませんね。

冷静を装ってプレイしていたつもりの彼なら、「慌てなくてもいいよ」なんて言われたら「そんなに焦っているように見えた?」と見透かされた気分になり、恥ずかしくなってしまうでしょう。

もし彼に言いたいのなら、小悪魔風に冗談っぽく言うような軽めのトークの方がベター。言わなくてもいいことならそっと心の中にしまっておきましょう!

■「もっと優しくしてほしい」

もしプレイ中に痛いと感じることがあったのなら、次回に活かすためにも彼に伝える必要はあるでしょう。「もっと優しくしてほしい」と彼に伝えることで、「そんなに強引だったのかな?」と気にしてしまう人もいるのです。

彼が傷つきやすい傾向のある人なら、特に言い方が重要なポイントになります。言いたいことを伝えた後で、「今日も悪くなかった」というフォローを入れてみてはいかがですか?男性のハートはナイーブなので慎重に取り扱ってあげましょう!

■次はもっといいエッチにしよう





決して悪気があって言った言葉ではなくても、「次はもっといいエッチにしよう」というセリフは彼を傷つけてしまう可能性があります。そのセリフだけだと、「今日はよくなかったってこと?」ととらえられてしまいますよね。

そのセリフの前に「今日もよかったけど」という内容を付け加えたり、よかったポイントを添えたりと、勘違いされないようにしましょう。
言い方一つで相手に与える印象は大きく変わってくるものです。「次はこんなこともしてみたいな」と可愛く言っちゃうのもありですよ。

■「ちょっと早かった(遅かった)」

プレイの終了が「早かった」「遅かった」など人それぞれ個性はあるものですよね。
自分の好みと違っていたのなら、つい言ってしまうかもしれませんが、その言葉は男性にとってとてもヘビーなものでしょう。気にしている人なら図星となってトラウマにもなりかねません。

素直な発言かもしれませんが、相手への思いやりの気持ちは絶対に忘れないでくださいね。
言葉でわざわざ伝えなくても、次回プレイするときに、さりげなくあなたがフォローすることで、前よりもいいエッチができるかもしれませんよ!

思いやりのある言い方で伝えよう

男性のプライドを傷つけないように上手に思っていることを伝えるのがポイントです!うまく伝えて次はもっと満足のいくエッチができるといいですね!(mei/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事