2016.09.04

【部分日焼け】焼けちゃった後のとっておきのケア法とは?

うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまって部分焼けしてしまった経験ってありませんか?足の靴からはみ出た部分やうなじなど、気づかないうちに焼けてしまって赤くひりひりしてしまうことってありますよね…。

今回は、部分焼けに有効な、とっておきのケア方法をご紹介しましょう!

日焼けした皮膚は、ぬるめの水で冷やす!

日焼けはやけどと同じ状態。熱を持って炎症している状態ですから、まずは冷やすことが大切です。

とはいえ、氷水のように冷たすぎる水ではなく、体温と同じくらいのぬるめのシャワーを浴びるのがおすすめです。日焼けした皮膚は弱った状態ですから、シャワーの水圧やタオルウォッシュの刺激に注意しましょう!

睡眠と栄養補給も大切

ターンオーバーを早めて肌の再生をうながすことも必要です。そのためには睡眠と栄養をたっぷり取りましょう!

午後10時~午前2時ころのいわゆるシンデレラタイムには、成長ホルモンが活発に分泌されるので、その時間に熟睡すると効果的です。栄養はお肌に良いビタミンA、C、Eを積極的に取り入れましょう。肌の再生力をアップしてくれますよ。

日焼け直後に、美白用化粧品をつかわないこと!

日焼けの後は早く美白用化粧品を使わないと、という気持ちになることでしょう。でも、ちょっと待って!日焼け後の皮膚はとても敏感な状態です。美白用化粧品は浸透しやすく作用が強いため、弱った肌には刺激が強すぎる場合もあります。

まずはできるだけ低刺激の化粧水を使用し、肌が落ち着いてから美白用のタイプを使うと良いでしょう。市販のシートマスクも美容成分がたっぷり含まれていて刺激が強めなので、日焼け後少し落ち着いてから使用してくださいね。

保湿をたっぷりしよう

日焼け後のお肌は脱水状態で、とても乾燥しています。保湿をしっかりとしてあげるケアがかかせません。

保湿ケアの中でも、おすすめは「ワセリンパック」です。ワセリンは敏感肌の人や小さな赤ちゃんでもつかえる、安心な保湿剤です。保湿用化粧水の後にワセリンを塗ってラップをすれば、浸透力アップ!

ドラッグストアでゲットして、部分焼けしたところを集中的にケアするのも良いでしょう。

お肌の状態に合わせたケアを

部分焼けしてしまった皮膚は、内側と外側両方からのケアが欠かせません。冷やしてよく保湿し、睡眠や栄養補給を忘れずに行いましょう。肌が落ち着いてから、美白化粧品でのスペシャルケアがおすすめです。(あゆたん/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事