2016.09.05

はじめてのフェラ。彼をメロメロにとろけさせるテクニックって?

フェラというのは、愛情を彼に伝えられる表現方法のひとつです。

そんなフェラですが「やったことなくてわからない」という女の子も少なくないはず。彼を喜ばせるためにフェラをやってみよう、という初心者さんのために、やり方をこちらでご紹介します!

まずは密着することから

フェラを初めてする女の子は、いきなり彼のモノを触ったりくわえたりするのに、少し抵抗があるかと思うので、彼の体に触れることから始めてみましょう。

キスをしながら、肩から二の腕、お腹、太ももと徐々に下半身へ近付く順序で触っていきます。そうすると彼も「そろそろかな?」と心構えを始めるでしょう。

これで、彼の体に触れることに慣れてきたら、いよいよタッチしてみます。はじめのうちは彼のモノ自体が乾いてしまっていているので、そっと優しく、皮を引っ張らないように触ってあげてくださいね。

次は優しくなめてみよう

手で彼のモノを優しくタッチしてあげた後は、舌を使っての愛撫に移ります。
パクっといきなりくわえてしまうと、彼を焦らしてドキドキさせてあげることができないですし、色気があまりありません。
裏筋からカリ、尿道口と順番にゆっくり舐めてあげましょう。ゆっくりと舐め上げていくことで、彼が敏感に反応する部分がわかるはず。その部分に対しては、舌先をとがらせて、チロチロと重点的に舐めてあげてくださいね。

いよいよくわえてみよう

ここまできたら、ついに彼のモノを口にふくみます。そのときに、亀頭にキスをするような感じで唇をくっつけたまま、ゆっくりと口を開けながら亀頭部分をくわえてみましょう。

亀頭をくわえたままカリや裏筋などを、舌を使って少しペロペロと舐めてあげると、彼の興奮が倍増しますよ!
男性器の先端部分は竿よりも周囲が大きいので、歯があたりやすいです。彼が痛がらないように歯をなるべくあてないようにしてあげましょう。

ピストンでフェラの山場

いよいよフェラの山場を迎えます!亀頭部分をくわえた状態で上下させてピストン運動をしてあげましょう。
このピストン運動も最初はゆっくりとした動きからはじめてあげて、徐々にスピードアップしていきます。そのほうが、彼の気持ちの高まりも変わってきますよ。

上下をどのぐらいの幅でピストンするかは自分のできる範囲で大丈夫ですよ。喉の奥までくわえてほしいと願う男性は少なくないと思いますが、フェラを初めてやるのには難易度が高いので「初めてだから…」と可愛く伝えてみてくださいね。

仕上げは優しく色っぽく

最後に再び、舌を使って舐めて愛撫を丁寧にやってあげましょう。
フェラというのは、長時間やっているとどうしても口や顎が疲れてしまうものです。そんなときに、休憩を挟むために口にくわえずに、舌だけでペロペロと舐めてあげるのがポイントです。
この流れで挿入する男性もいれば、そのままイきたいという男性もいると思うのでそこは彼に任せましょう。

初めてに無理は禁物

女の子が初めてフェラをするときってドキドキしてどうしたらいいか戸惑いますよね。でも、無理をしてフェラが嫌いになってもいけないので、自分のできる範囲で彼を喜ばせてあげてくださいね!(KANA♪/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事