2016.09.06

両手を同じように塗りたい!逆手でセルフネイルをするときのコツ

人間誰しも利き手というものがあります。利き手ならある程度細かい作業もできるけれど、逆の手だと途端に不器用になってしまうものですよね…。とくにセルフネイルのときは、必ず両手にネイルカラーをしなければならないので、出来栄えに大きく差ができてしまうことがあります。

そこで今回は、逆手でネイルを塗るときのコツをお伝えします!

☆身の回りのものを使って、手をしっかり固定!

ネイルを塗る際には、塗られる方の手をしっかりと固定する必要があります。机の上に手を広げて押しつけてもいいですし、肘を固定する方法もあります。またボールなどを握って指先を固定することもできます。

人によって合うものが異なりますので、さまざまな方法を試して自分が塗りやすい方法を探してみましょう!

☆利き手と逆手、どっちから塗る?

塗るときは、利き手側の爪を先に塗ってしまいましょう。ネイルを塗ってしまうと、やはり多少の動きにくさは生まれます。利き手なら、後で逆手を塗るときに、ちょっとくらいの不自由はカバーできます。

また、後半の方が集中力も切れやすくなるので、失敗する可能性が高くなります。やりやすい方から始めたいという人もいるとおもいますが、神経をつかう難しい方を先にすませておくのをおすすめします!

☆塗る順番は、小指の先端から!

利き手の小指から順番に塗っていきましょう。塗り方のポイントですが、まずは爪の先端部分を塗ります。これはネイルを剥がれにくくするためです。

次に、爪の真ん中を塗り、続いて左右を塗ります。根元から先端へ、一息にハケをすべらせましょう。ここで大事なことは、ハケにネイルをつけすぎないこと。

利き手を塗るときには、ハケがぶれやすいので、大きくはみ出す可能性があります。ネイルをハケにたっぷりつけていると、よりはみ出す部分が多くなってしまいます。また、に何度もハケにネイルをつけ直しているとムラになりやすいので、ひとつの爪は、ネイルを付け足さずに一気に塗ってしまいましょう。

☆2度塗りを面倒くさがらないこと!

なるべく早く終わらせたいと思って1度に塗ろうとすると、失敗しやすくなります。まずはハケの跡を気にせずに薄く塗りましょう。

それから約5分置いて、今度はしっかりとハケにネイルを含ませて重ね塗りをします。最初からたくさんつけると、乾くまでに時間がかかるため、よれやすくなってしまいます。

2度塗りなんて面倒…と思うかもしれませんが、1度で仕上げようとして失敗すると、余計に時間がかかってしまいます。あせらず堅実に仕上げたほうが、結局は質もよく、短時間で仕上がりますよ。

☆大事なのは慣れ!

1回目から完ぺきに仕上げるのは難しいですが、何度も繰り返すことで次第に慣れていきます。何回かうまくいかなくても、諦めずにやり続けてみましょう。必ずきれいにネイルが塗れるようになりますよ!(T-Na/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事