2016.09.07

これが知りたかった!デート後に送るべきLINEの例文集

楽しいデートができたなのなら、ぜひ、次のデートにつなげたいですよね。そのために活用したいのが、デート後のLINE。もちろんお礼メールは送っているけど、どう送れば彼の気を引けるの……? と、お思いのみなさんへ! 今回は、デート後に送るべきメッセージを、例文集でお届けしましょう! 

●LINEを送る際のポイントは3つ!

デート後にLINEを送ると、デート中の印象を、さらに強く残すことができます。逆に、イマイチな言葉を残してしまうと、せっかくのデートが台なしになってしまう可能性も……。そこで、LINEを送るときに意識したいが、次の3つです。

・デートが楽しかったことを強調する
・相手の良かったところを褒める
・相手の名前を言葉に含める

楽しかったことは、少しオーバー気味に伝えるくらいが◎。そして、相手のちょっとした気遣いや、おしゃれなところ、声や笑顔、なんでもいいので、“褒め”の一言を添えて送るようにしましょう! さらに、文面に相手の名前を入れれば完璧! これだけで、ふたりの距離をグッと近づけることができます。

●初めてのデート後のLINE

初めてのデートの場合、男性側も緊張と不安でいっぱいです。デートが終わっても、「あれでよかったのかな……」と、いろいろ考えてしまう男性も少なくありません。ですので、初めてのデート後は、LINEの一部にこんな文章を含めてみましょう!

「ちょっと緊張しちゃったけど、一緒にいるとすごく安心できたよ!」
「初めてのデートだったけど、わたし、もしかすると○○くんと、すごく相性いいかも~!」
「あんな、お店あるんだね! 知らなかった~。次はどこ、つれってってくれる?(笑)」

どんなふうに楽しかったのかを伝えたり、次のデートにつながる内容を送ったりして、彼を安心させてあげましょう。

●年上男性へのLINE

デートの相手が年上なら、より相手は「俺がかっこよくリードできたぞ!」という実感がほしいはず。年下女子として、楽しかった気持ちを素直に伝えてみましょう。

「楽しい時間をありがとうございました! わたし、はしゃぎすぎちゃいました?(笑)」
「○○さんって、やっぱりすごく頼りになりますよね~。今日もすごく頼もしくて…」
「○○さんの話に夢中でした~! 友達に自慢できそうです!」

年齢差や関係にもよりますが、彼を立ててあげて、自尊心をくすぐるのが正解です。かわいく彼に甘えるような文面で、次回のデートに繋げましょう。

●お友達以上恋人未満男性へのLINE

友達以上恋人未満って、すご~く微妙な関係ですよね。ですので、そういう場合は、ふみこみすぎず、男性として意識したことを伝えるLINEがいいかもしれません。

「なんか、ふたりきりだとかっこよく見えちゃった (笑)」
「なんか、前より頼れる感じ! なんだかわからないけど、今日は頼もしく感じちゃった」
「いつもと違う距離に、ドキドキしてしまったーーー(笑)なんでだろ(笑)」

友達として、楽に会話できる雰囲気は維持しつつ、男女を意識させる内容を盛り込んだりすると、友達からそれ以上の関係に昇格しやすいです。“(笑)”や、“なんで”というようなキーワードを上手に使って、冗談とも本気ともとれるようなLINEを送りましょう。

■おわりに

デート後のLINEは、大切な思いを伝える手段のひとつ。メールでも電話でもいいのですが、LINEのいいところは、気軽に会話形式で、言葉を残せるところです。相手の心にストレートに届くメッセージを送って、LINEの画面を見る彼を、ニヤニヤさせちゃいましょう!(織留有紗/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事