2016.09.07

成功率100%!?ゼッタイ「断られない」デートの誘い方・4選

気になる彼をデートに誘いたいけど、恥ずかしくて誘えない…そんな人はいないでしょうか?

「男性からデートに誘ってもらいたい」そんな理想を抱いている女性は多いと思います。しかしいつまで経っても待っているだけじゃ、その恋、実りませんよ!?

そこで今回は、成功率をグッと高めるデートの誘い方について紹介いたします。皆さんもぜひ、参考にしてみて下さいね!

1.「今度」は禁句

「『今度行きましょう!』って言われたら、社交辞令なのかなって思う。本気で誘ってくれているなら、明確な日にちを教えて欲しいかな。」(23歳/アパレル)

勇気を出して「今度ご飯に行ってください!」と言ったは良いものの、そこから話が進まないなんてパターン、良くあるんじゃないでしょうか。

その後は彼にリードしてもらおう…なんて甘い考えを抱いてはいけません!ちゃんと日にちまでこじつけて、気になる彼とデートができるようにセッティングしちゃいましょうね。

2.「一緒に行ってくれる人がいなくて…」

「確実にカップルで行くような所に『一緒に行く人がいなくて…行ってくれない?』なんて誘われたら行くしかないよね。相手がフリーって分かりやすいし、そういう所に誘ってくれたってことは俺にわりと好意持ってくれているってことだしね。」(25歳/事務)

カップルが行くようなイベントごとに行くには、相手が必要ですよね。そんなイベントには、思い切って彼を誘ってみましょう。

このセリフを言えばアナタがフリーであることは一目瞭然。フリーの女の子が好意丸出しでデートのお誘いをしてきているのです。男として、断らない訳がないでしょう。

3.「この前の借り、返してくれる?」

「女友達にテスト勉強を教えてもらっていたんだけど、後日『この前の借り、返してよね。』って言ってデートに誘ってきました。何かツンデレな感じが可愛いなぁと(笑)」(22歳/学生)

普通男性に何かをしてもらって「お礼にデートでも行きませんか?♪」こんな誘い方が一般的です。でも自分とデートすることが相手へのお礼になるなんて、ちょっと図々しいと思いませんか?

なので、逆に何かを彼にしてあげて相手に「借り」を作らせるのです。その借りを返してもらうことを口実にデートに誘ってしまえば、彼は絶対に断れないはずですよ。

4.「○○くんに会いたい!」

「ストレートにこんなこと言われて、嬉しくない訳ないよね。すぐにでも会いに行くわって感じ(笑)」(22歳/学生)

ド直球ストレートのデートのお誘いは、恥ずかしいけれど相手に心にはズシンと響きます。

あれこれ考えるのが面倒くさくなってきたら、アナタが思っていることを彼にぶつけてみましょう!素直なアナタの気持ちを聞いて、迷惑だと思われない限りは絶対にデートに行ってくれるはずですよ。

おわりに

いかがでしたか?

デートに誘うのは恥ずかしいもの。しかし、恥ずかしいなんて言っていられません!恥を捨てて、以上の方法で彼にアタックしてみましょうね!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事