2016.09.08

コレで勝負だ!星座別・恋愛におけるあなたの「強み」

「わたしの強みってなんだろう」と思ったことはありませんか? 「強みなんてない……」と思っている人も、自分を卑下しなくて大丈夫。強みは誰にでもあるものです。

今回は、星座別・恋愛におけるあなたの「強み」をご紹介します!強みをいかして恋愛運UPを目指しましょう!

1.おひつじ座・しし座・いて座の強み

火の星座のグループである、おひつじ座・しし座・いて座の強みは、「情熱」です。
中でもおひつじ座は一番積極性があるので、ここぞという時を逃さず、情熱的にアプローチができます。相手にこびることもなく、自分の意見をしっかり伝えることができるのもあなたの魅力です。

しし座は自分の価値を認め、それを表現し、伝えていくことができます。人は自分のことが好きな人に、魅力を感じるもの。熱いハートを持って前進できるあなたに、こころ奪われる人が必ずいます。

いて座は楽観性を持って前に突き進んでいけるところが武器になります。相手の気持ちを射止めるまで、自分の気持ちに誇りを持って向かっていく情熱があります。異性はその気持ちに心打たれます。

2.おうし座・おとめ座・やぎ座の強み

地の星座のグループである、おうし座・おとめ座・やぎ座の強みは、「謙虚さ」です。

一歩一歩着実に前進できるおうし座は、自分をこつこつ磨き上げることができる人。それも、頑張っている自分をアピールすることなく、謙虚に力をつけていくタイプ。そのため異性からは、芯があり信頼できると思われます。

さりげない気遣いができるおとめ座は、その控えめな態度が魅力です。細かいところまで目がいき届くため、自分の至らない点をしっかり支えてくれると、異性から思われるでしょう。

やぎ座は謙虚であると同時に、誠実でもあります。現実対応力があり、頼れるのに3歩下がってついてくる「やまとなでしこ」のような魅力も人気です。

3.ふたご座・てんびん座・みずがめ座の強み

風の星座のグループである、ふたご座・てんびん座・みずがめ座の強みは、「社交性」です。柔軟性のあるふたご座は、どんな人にも明るく笑顔で接することができます。場の空気を読むのが得意で、時には冗談を挟んだり、ユニークさを忘れないのも魅力。誰に紹介しても恥ずかしくない会話術を持っていると思われます。

どこか品のあるてんびん座は、相手を立てながらきれいな言葉で会話ができる人。相手との距離を絶妙にとることができるため、好感度と安心感をもたれます。うまく会話をリードしてくれるのも魅力です。

相手の個性を尊重できるみずがめ座は、会話で異性の魅力を発見し、それを褒めることができる人。とはいえ、下手に相手の世界に踏み込まず、クールな対応ができるのも魅力です。知らず知らずのうちに、異性を虜にする可能性が。

4.かに座・さそり座・うお座の強み

水の星座のグループである、かに座・さそり座・うお座の強みは、「受容力」です。特にかに座は包容力があり、まるで母親に包まれているかのような安心感を相手に抱かせることができます。ダメなところは受け入れるだけではなく、叱ることもできる愛情深さが、あなたの魅力です。

一途なさそり座は、大きな愛で相手を丸ごと包むことができる人。本気で好きになった人のことを、決して裏切ることはありません。そのため、相手はあなたことを信頼できる人だと確信するでしょう。

うお座は受容力だけでなく、共感性の高い星座です。相手のことを自分のことのように感じるため、一緒にいるだけで絆が深まり、心強い味方になってくれると異性は感じます。

おわりに

強みを知ると、自分の弱さも気になるかもしれません。でも、ここではあえて弱さには注目しません。弱さに注目する時間があるなら、その分自分の強みに目を向け、さらに磨いていきましょう。
なぜなら強みを活かすことが、恋愛力を高める近道につながるからです。(水谷奏音/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事