2016.09.09

うっかり日焼け女子多数!簡単マッサージで「白魚のような手」に戻す

真夏の日差しも和らいできましたね。あっという間に過ぎていった夏ですが、うっかり肌にだけに夏の名残りが残っていませんか?いつも外に出ている「手」。表面だけ焼けて手の平が真っ白!なんてオセロのような2色ハンドになっていたらちょっぴり恥ずかしい・・・ 今回は、スキンケアカウンセラーでネイリストの筆者が「オセロハンド」の緊急美白対策についてお伝えします。
うっかり日焼けでオセロハンドになってしまった方は、ぜひ試してみてくださいね。

◇古い角質を除去

まず、何よりも気にしたいのが「古い角質の除去」です。2週間に一度程度、スクラブをかける習慣がある方はそんなに気にする必要はありませんが、指の節や間など、角質が溜まりがちな部分が黒ずんでいる方もチラホラ。

まずは、手の黒ずみはキレイにしておきましょう。古い角質のお手入れをすることで、後から付ける化粧水などの浸透率もUPします。

◇保湿でキメを整える

顔も手も同じ皮膚です。顔の皮膚が乾燥でくすむように、手も乾燥するとくすみがおきますし、皮膚の新陳代謝がスムーズにいかなくなる場合もあります。しっかり潤いを補給した顔の透明感を思い出してみてください。手もあの状態になると「黒さ」は和らぎます。

なんといっても「もっちり手肌」は触りたくなる魅力もありますしね。手に化粧水をつけないなんてすごーくもったいないんですよ。手の保湿は春夏秋冬しっかり行いましょう。

◇肩から動かして血流をUP

手って簡単にむくみませんか?指輪がきつく感じたり、なんだか手が動かしにくかったり。心臓より下の位置にあることが多い「手」は、すぐにむくみやすいパーツのひとつ。
むくんだ手は、やっぱりくすんで暗い肌色に見えます。手を頭より上に上げることも大切ですが、肩甲骨の稼働領域を広げることも手の血流UPのポイント。手も肩も大きく回すだけで手のむくみもすっきりしますよ!

◇美白も忘れずに

顔には、美白化粧水や美容液を付けているのに、手は何も付けていないなんてことありませんか?手は、顔よりも乾燥しがちなんです。なぜなら、物に触れるから。スマホを操作するたびに、バッグの中を探しものするたびに・・・と色んな物にこすられるたびに手の水分は失われていきます。乾燥して乾いたところにしっかり美白化粧水なんかを浸透させれば効果は抜群。数日で「なんだか白くなった?」なんて感じてしまう場合も。手がひたひたになるまで、しっかり美白化粧水を付けてあげてくださいね。

◇おわりに

手は、普段あまりお手入れされないぶん、効果が出やすい場所でもあります。もちろん、昨日日焼けしたものを今日真っ白にするのは難しいのですが、毎日のこまめなケアの反応は、案外すぐに起こってくるもの。「やばい!手が日焼けで黒すぎ!」と焦っているなら、手のケア、今日からがんばってみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事