2016.09.09

年上男をドキッとさせる!男性の心を揺さぶる「後輩女子」の行動

会社や学校で、先輩男性のことを好きになってしまうのは、かなりよくあることですよね。

そんな場合に、先輩から“女”として見てもらうためには、どんな行動を取ることが効果的なのでしょうか?

そこで今回は、男性が心を揺さぶられる「後輩女子」の行動を紹介します。

1.「先輩のおかげ」を強調する

「『先輩のおかげです』と言われると、急にその子を意識するようになっちゃうかもです」(28歳/公務員)

「他の男とは違うという扱いをされると、嬉しいしドキドキしちゃいますね」(31歳/不動産)

仕事などで先輩に助けてもらったとき、「ありがとうございます」と言うだけではあまりにも普通。
それでは先輩の心にも大して響かないでしょう。
でも、「先輩のおかげです」という特別感を出してあげれば、与える印象は大きく変わってくるもの。
自分を特別な目で見てくれている後輩のことは、先輩としても特別な後輩として扱いたくなるものですよ。

2.「誘い」を断らない

「自分に懐いていると感じる後輩は、可愛くて仕方がなくなっちゃいますね」(32歳/広報)

「飲みに誘ったら必ず来てくれる子からは、なんとなく好意も感じちゃいますね」(29歳/システムエンジニア)

自分の誘いを断らない後輩は、そりゃ可愛いに決まってますよね。
自分への忠誠心や愛を感じるので、守ってあげたくなる後輩でもあるでしょう。
そんな気持ちが芽生えれば、恋心が生まれる可能性だって高くなるもの。
どうしても断らざるを得なかった場合でも、「本当は行きたかった」という思いをちゃんと伝えてあげると、逆に強い印象を残せちゃうかも。

3.定期的に「頼り」にする

「やっぱり頼ってきてくれる子は、他の子よりも可愛らしく感じるものですよね」(28歳/販売)

「頼りにされると嬉しいですし、信頼関係も生まれやすいので、仲良くもなりやすい」(29歳/アパレル)

男性は自分のことを頼ってくれる女性には、確実に好意を抱いてくれます。
自分のことを理解してくれて、存在価値も示してくれるような後輩女子は、もう可愛くて仕方がなくなるはず。
定期的に頼って、アドバイスを受けに行ったりすると、先輩として認めていることも伝わるので、男性の優越感が満たされます。
そんな関係が続けば、ふたりの間に信頼も生まれやすいので、恋人候補にもしてもらいやすいですよ。

4.ちゃんと「立場」をわきまえる

「先輩としてちゃんと敬ってくれる女性は、印象としてもかなりいいものになりますね」(31歳/広報)

「後輩としての立場をちゃんとわきまえられる子は、可愛がってあげたくもなります」(32歳/商社)

どんなに仲良くなっても、ちゃんと先輩として立てることができる。
それこそが、男性からすると、最高の後輩女子の姿であると言えるでしょう。
ちゃんと自分を立ててくれる女性は、男性からすると理想の彼女や奥さん像にピッタリなので、恋愛対象としても意識されやすいはず。
仲良くなったからといって無礼な態度を取りすぎると、先輩としての面子を潰してしまい、関係が悪化してしまいかねませんよ。

おわりに

「後輩女子」として可愛がってもらうことができれば、そこから恋愛に発展することもあり得ないことではありません。年上の男性を落とすには、ちゃんと敬って立ててあげることが大事なことですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事