2016.09.09

「このキスたまらない!」彼を誘惑するキステクニック・5選


恋人同士にとって、キスはとっても大切な行為。でも、いつも同じキスでマンネリ化していませんか? 付き合い始めた頃は、触れるだけでドキドキしていたのに、時間が経つにつれ、だんだんお決まりの行為になってしまいがち……。もし、あなたがキスにマンネリを感じているのであれば、キスのやり方にバリエーションをつけてみてはいかがでしょう?

●ゆっくり優しく「プレッシャーキス」

プレッシャーキスは、もっともオーソドックスなキスです。閉じた状態の唇と唇を重ねて、ゆっくりとお互いの感触を確かめ合います。プレッシャーキスで大切なことは、焦らずゆっくりと、ソフトに唇を重ねること。

とくに、初めてのキスや、特別なときのキスは、ドキドキ緊張してすぐ唇を合わせたくなりますが、唇が触れる前の、お互いが近づく時間だってキスのうち! その時間も、大切にしましょう。唇が離れたら、ゆっくり目をあけて、相手を見つめてみて!

●違うキスをするつなぎに最適!「スライドキス」

スライドキスは、少しだけ唇を開いて、お互いの唇を上下させるキス。相手が顎を引いたら、こちらが上げて、相手が上げたら、こちらが顎を引く……、という動作を繰り返します。

上下に唇を動かして、相手の唇を感じながら、滑らかに動かしてみましょう。キスにはいろいろな種類があるので、キスからキスへと移行する時間をこのキスで繋ぐのも◎。まずはあなたからリードしてみませんか!?

●思わずとろけそうになる「ピクニックキス」

ピクニックキスは、唇ではなく、舌が触れ合うキスのこと。口を開けて、お互いの舌を出しあって、相手の舌先を舐めたり、上下左右に動かしてみたりと、ちょっとエッチな雰囲気になれるキスです。

「そんなキス、やったことない……」という場合は、少し緊張してしまうかもしれませんが、堅くならず、お互いの愛情がとろけるような柔らかさを、舌で感じ合うのが、ピクニックキスの楽しみ方! 悪戯っぽく舌先を彼に向けてみましょう。

●情熱を舌で伝える「オブラートキス

オブラートキスは、いわゆるディープキスの部類にはいる、情熱的なキスです。口を開いて、相手の舌を吸うように包んでいくので、オブラートキスという名前なのだそう! オブラートキスのポイントは、交互にお互いの舌を吸って、強弱をつけること。ピクニックキスのような、舌先に触れ合ってスライドさせる動きも加えると、もっとドキドキできるかもしれません。

●いつもと違うのがイイ「スパイダーマンキス」

映画スパイダーマンにて、逆さにぶら下がるスパイダーマンのマスクをずらして、ヒロインがキスをした場面から、そう呼ばれるようになったキスです。キスといえば、お互いが正面を向き合って唇を重ねますが、仰向けに寝ている相手を、逆方向(頭の方向)から覗き込むようにして、いつもとは違う方向からキスをするのがスパイダーマンキス!

あなたの膝で寝ている彼にキスをしたり、ソファーで寝ている彼にキスしたり! いつもとは違うカタチでするキスに、彼もきっとドキッとしてしまうはずです!

●おわりに

キスは無言の愛情表現です。それだけに、微妙な力加減や動き方、体温や息遣いまでもが、愛情を伝える手段に変わります。いつも、ただシンプルに唇を重ねるだけで終わってしまっているなら、少し違うキスにもチャレンジしてみてください。きっとそれぞれのキスで、それぞれの愛情表現ができるはずです!(織留有紗/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事