2016.09.11

将来を左右する!彼氏がいない「今」、恋のためにすべきこと

しばらく恋から距離を置いている人、いませんか?

彼氏持ちの友人は羨ましいけれど、恋をするために能動的に動くことができない…。原因は失恋や恋愛トラブルなど人それぞれかと思いますが、「どうせ私は恋がうまくいかないから」といって諦めるなんてもったいないこと!恋をお休みしているこの期間に、ぜひ恋する気力を養いましょう。

そこで今回は20代女性を対象に、恋する気力を養うために実際に行ってみてよかったことについて聞いてみました!

1.恋愛ものの映画やドラマを観る

「素敵な恋を見るとドキドキして、自分も恋愛でこんなドキドキを感じたい!と活力が芽生える。流行りの映画もいいけど、私はお気に入りの恋愛ドラマをストックしてます」(26歳/アパレル)

恋愛する活力が起きないときには、恋愛に対してトラウマやマイナスな偏見を持ってしまっていることがほとんど。そんなときは素敵な恋愛を見て恋することや愛されることへの憧れを養いましょう。

忙しい人でも、映画なら数時間で済むため手軽に観られますよね。DVDをレンタルして見るのもいいですが、リフレッシュも兼ねて映画館の大スクリーンで鑑賞するのがオススメですよ。

2.友達の恋バナを聞く

「友達の恋バナってキレイ事だけじゃないぶん、リアルで面白い。私も自分の恋バナで盛り上がりたい!と思える」(25歳/飲食)

映画やドラマを観てもやはりどこか別世界に感じてしまって自分が恋する気にはなれない…という人には、ぜひ友達と恋バナをしてリアルな恋模様を聞いてみましょう。できれば彼氏持ちや片思い中の女友達がオススメ。

恋愛をしている最中の友達からノロケを聞けば、自分も恋をして幸せになりたい!と思えるはず。逆に恋愛のグチを聞けば、これからの恋に教訓として生かすことができますよ。

3.元カレと話す

「男性へのときめき方を忘れかけたとき、思い切って元カレに相談したんです。親身に相談に乗ってくれる元カレと話をしていて、私は男性の親切さにときめくんだと思い出せました」(28歳/ネイリスト)

恋から距離を置く時間が長ければ長いほど、私たちは恋の仕方を忘れます。男性とお近づきになる方法をはじめ、中にはときめき方を忘れて恋ができないなんて症状に陥る人も!

そんなときは、ぜひ元カレに連絡を取ってみましょう。できれば恋バナなんかをじっくりできると、元カレを好きだった気持ちを思い出して恋の仕方を思い出せるかも。
ただし、元カレとの復縁に期待しすぎることなく、あくまでアドバイザーだと思って接しましょうね。

4.何かを成し遂げる

「彼氏が欲しいなぁと思いながらも仕事に追われていたとき、まずは仕事を頑張ろうと思って担当していた企画をやり遂げました。そうしたら次は恋愛を頑張ろう!と自然に思えたんです」(25歳/イベント)

恋をするというのは、実はものすごいエネルギーが必要。もし、今やらなければいけない何かに追われていたり、恋愛に使うエネルギーが足りていないならまずは身の回りの状況を整理しましょう。

特に、達成感は次の行動への大きなエネルギーを引き起こします。無理して同時進行で恋愛を進めることなく、恋するエネルギーを貯める時間も作ってみてはいかがでしょうか?

おわりに

恋は私たちに幸せをもたらしてくれることもあれば、幸せになるための試練のようなつらいことをもたらすこともあります。恋することに疲れてしまったのなら、無理して恋を始める必要はないのです。
疲れてしまっている今は次の恋のために英気や活力を養う大切な時間。自分の心境や状況に合わせて、素敵な恋への準備を進めていきましょうね。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事