2016.09.10

「マジでこれは無理…」ペアルックへの男の本音

カップルの愛情表現のひとつ、ペアルック。おそろいの洋服や小物を身につけることです。

しかしあなたは乗り気でも、彼は正直、気が進まない…なんてことも。言い出しづらくて言えなかった、彼の「ペアルックへの本音」を紹介します。

やっぱり洋服は恥ずかしい?

ペアルックの中でも、彼にとって一番ハードルが高いのは、洋服。道ですれ違う人達に「僕たち、カップルです!」と宣言しているようなもの。照れくさくて恥ずかしい、という思いが強いみたいです。

また、彼女には女の子らしいファッションをしてほしい、という声も。あなたの華奢な体格は、彼の持っていない魅力のひとつ。メンズコーデをした彼女にちょっぴり納得のいかない彼もいるんですね。

アクセサリーはまだ早い?

では、アクセサリーのおそろいなら手軽にしてくれるのでしょうか?それはそれで、しづらい理由が存在するようです。

おそろいのアクセサリーをつけていることが周りに気づかれると、覚悟を示しているようでちょっと…というなんともショッキングな意見が。
結婚を公言している人ならいいのですが、たとえばペアリング。正直あなたにおねだりされても、「別れたらどうしよう…」という気持ちから、なかなか手が出ないみたいです。確固とした自信があるカップルは、挑戦してみるといいでしょう。

小物をペアルックにしたくない理由

あなた「もうわかった、財布や鞄、帽子のような小物類ならいいんでしょ?」

彼の気持ちは、一筋縄ではいかないようです。

彼「普段使いするものは、自分が本当に好きなものを使いたいんだよ!!」

財布はヴィトンのダミエがいい、帽子はニューエラじゃないとヤダ…彼は彼で、おしゃれにこだわりがあるんですよね。こういった彼の場合は、逆に洋服ならOKしてくれることも多いでしょう。相談しておそろいコーデもアリですね!

携帯の待ち受けなら?

ほんとにほんとに目立たなくって手軽にできる、携帯の待ち受けならどうでしょう。
ふたりで撮ったプリクラの画像、ふたりで行ったテーマパークでの写真、いつでも幸せ感じたいし、おそろいだともっとテンション上がりそう!彼への浮気防止にもなりますしね。

でも、その気持ちが裏目に出てしまうようです。「束縛されてるみたいでヤダ」「他人にのぞき込まれたとき恥ずかしい」など、日常的に目にするところだからこそ嫌だ、という意見が多くありました。

大切なのは…

おしゃれに対する価値観や、カップルの関係性をふまえると、ペアルックに絶対的な正解はないといえます。実際、他人から見て恥ずかしい格好でも、自分たちが満足し、周りに迷惑さえかけていなければOKなもの。

逆にここだけ押さえておきたいのは、「カップルのどちらかが無理矢理に押し付けるのはNG」ということ。おそろいのものを身につけると愛情表現になることもありますが、そう考えない人もいます。ふたりで納得できる形を見つけるのが、幸せなペアルックのあり方でしょう。(あんと/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事