2016.09.15

思わず触れたくなっちゃう…!ヘアオイルで男心をくすぐるツヤツヤヘアに。

「髪の毛は女性の命」という言葉もあるように、女性にとって髪の毛はとても大切なものです。ヘアケア用品といえば「ヘアオイル」が人気ですが、正しい使い方はご存知ですか?使い方を変えれば、髪の毛が見違えるようにサラサラになるかもしれません。

今回は、ヘアオイルを使った正しいお手入れの方法を紹介します。

☆ヘアオイルにはどんな役割があるの?

ヘアオイルの主な役割は、水分を髪の毛の内側に閉じ込めること。トリートメントなどで髪の毛に補給した潤いを逃さないようコーティングします。スキンケアにおける乳液と同じような役割といえるかもしれません。

また、オイルで髪の毛をしっかりコーティングすることで、ドライヤーの熱で痛むのを防いだり、ブラッシングの摩擦に強くなったり、表面にツヤを出したりするというメリットも。まさに良いことずくめです。

☆ヘアオイルはいつ使えば最も効果があるの?

ヘアオイルは、ドライヤーでしっかり乾かした後で使うものと勘違いしている人もいますが、髪の水分を飛ばした後に使っても、本来の効果は期待できません。

髪の毛をきれいに洗って、タオルで余計な水分を拭き取った後に使用するのがおすすめ。毎日のヘアダメージは、ドライヤーの熱から引き起こされることが多いので、このタイミングで使うのが最も効果的です。

☆ヘアオイルの正しい使い方は?

ヘアオイルの使い方は簡単です。手の平に2~3プッシュした後、両手でしっかりのばしてなじませます。その後、毛先から根元に向けて揉み込むようにして塗っていきます。

髪の毛は末端が傷んでいることが多いので、毛先から根元の順番は崩さないようにしましょう。つけすぎるとベトベトになってしまいますから、最初は数滴ずつ使うようにするといいかもしれません。

☆痛んでしまった髪にはヘアオイルを!

紫外線やヘアアイロンなどの熱で髪が傷んでしまったときは、ヘアオイルを数滴手の平に出して毛先から揉み込むようにして使用すると、ダメージケアができます。

また、ブラッシングをする前や外出前に使えば、乾燥や紫外線、静電気による髪の傷みを最小限に抑える効果も。

ヘアオイルはヘアケア全般で活躍する便利なアイテムなのです。

☆美しい髪作りにヘアオイルは欠かせない!

髪の毛を大事にする人にとって、ヘアオイルは欠かせないアイテムのひとつです。上手に使って、自信の持てる美しい髪を手に入れましょう。(Tomo♪/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事