2016.09.16

小顔は「なる」んじゃなくて「つくる」んです。はえぎわシェーディングのやり方

女性なら誰しも、モデルのような小顔に憧れますよね。髪型やファッション、ダイエットなどで顔を小さくする努力を続けている方は、少なくないはずです。でも、実際に小顔を目指すとなれば、とっても大変…。だったら、メイクで小顔をつくってみてはいかがですか?

小顔メイクの中でも、手軽にチャレンジできるのがシェーディングです。今回は、正しい「はえぎわシェーディング」のやり方をご紹介いたします。

☆「シェーディング」って何?

ハイライトが、塗った部分を光のように浮き上がらせるのに対し、シェーディングとは、塗った部分を暗くして、顔の輪郭を引き締めるメイク術のこと。ハイライトとシェーディングを上手に使い分けることで、メリハリのある小顔メイクを実現できますよ。

☆面長さんにおすすめ!はえぎわシェーディング

顔の輪郭によって、シェーディングをするべき場所は異なります。例えば丸顔の人は、横のラインを削って縦長に見せたいので、顔の両サイドにシェーディングをします。

一方で面長の人は、髪のはえぎわや顎にシェーディングをして、縦のラインをおさえましょう。はえぎわから額の3分の1くらいの部分に「はえぎわシェーディング」をすると、顔が短く見え、ぐっと小顔に見えますよ。

☆パール入りはNG!

シェーディングパウダーを選ぶときは、マットな質感のものを意識するようにしてください。パール入りのものはNG。塗った部分が目立ち過ぎて、むしろ面長が強調され、顔が大きく見えてしまいます…。

色合いは、使っているファンデーションより1トーンか2トーン暗めを選ぶことをおすすめします。余りにも暗い色を選んでしまうと、顔全体のメイクと調和せず、不自然な印象になってしまいますよ。

☆ブラシの使い方がポイント!

では、シェーディングの手順を見ていきましょう。

まず、いつも使っている下地とファンデーションでベースメイクをします。それから、おでこの毛のはえぎわ辺りにシェーディングパウダーをのせていきます。

パウダーをブラシにつけたらまず手の甲に乗せて量を調節し、つけすぎを防ぎます。手の力を抜き、軽くなでるようなイメージでブラシをすべらせるのがポイント。はえぎわに入れるときには、ブラシを横に動かしてふんわり影をつけるとナチュラルに仕上がりますよ!

☆自然なはえぎわシェーディングで小顔に!

少し暗めのカラーをふんわりと入れる「はえぎわシェーディング」。やり方は簡単にマスターできそうですね。面長な輪郭にお悩みの方は、ぜひ毎日のメイクに取り入れて小顔をゲットしましょう!(あゆたん/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事