2016.09.16

高校に入学して初めての恋…名前も知らない彼と仲良くなるには?

こんにちは。ライターの和です。今回は高校2年生の方からの質問に答えさせていただきます。

「私は男の子が苦手で、クラス内でも最低限の会話しかしたくありません。
そんな学校生活を送ってきたからか、やっと気になる人ができたのにどうしたらいいかわからず悩んでいます。
彼とはたまたま文化祭で話をしたのがきっかけで知り合ったのですが、ひとつ上の先輩ということしか知らず、名前も彼女がいるのかもわかりません。
からかわれることも想像がつくため、恋愛相談をできるような友だちもいません。それでも毎日その人のことを考えてしまってモヤモヤします。
文化祭では途中で私の友だちが割って入ってきたので少ししか話はできませんでしたが、彼ともっと仲良くなりたいと思うようになりました。
でも文化祭のノリだったから彼と話ができただけですし、向こうはきっと私のことなんて覚えていません。
突然LINEを追加して話しかけるなんて私には相当ハイレベルです。
だけど高校に入学してからこんな気持ちになったのは初めてなんです。
どうしたら先輩のことをもっと知って仲良くなることができるでしょうか。またこの気持ちを周りの人に打ち明けるべきでしょうか。」

せっかく「いいな」と思える人が現れたのですから、少しでも彼と仲良くなりたいですよね。相談者様のお悩みについて一緒に考えてみましょう。

友達に打ち明けることはその分リスクも伴う

相談者様のなかで「友達に協力してほしい」という気持ちが強いのであれば、友達に先輩の話をするのはアリでしょう。ただ友達に好きな人を打ち明けたところで、彼とうまくいくわけではありません。むしろ友達が勝手に相談者様の気持ちを先輩に伝えてしまう可能性もあります。

相談者様が友達のことを信頼しているのであれば打ち明けても良いでしょうが、「友達はちゃかしてくるだけで終わりそう…」と思っているのであれば、わざわざ女友達に先輩への気持ちを話す必要もないでしょう。「友達に好きな人を報告するということは、その分リスクも伴う」ということを忘れないようにしましょう。

文化祭の余韻が冷めないうちに彼と接点を作ろう

ひとつ上の先輩ということがわかっていれば、彼の名前を知ることは十分可能でしょう。彼の学校での生活リズムを知ったうえで、相談者様のほうから廊下などですれ違う機会を設けてみましょう。そこで「あ!この前の文化祭でお話ししましたよね!?」とそれとなく話しかけてみてはいかがでしょうか。
文化祭の余韻が冷めないうちであれば、きっと先輩も覚えていてくれると思います。ぜひ一歩踏み出してみてください!

恋を成就させるには恥ずかしいこともしなければならない

自分から男性に話しかけるのって勇気が入りますよね。特に男の人が苦手だと恐怖すら感じてしまうと思います。でも恋愛を成就させるには、恥ずかしいことも時には経験しなければなりません。まずは相談者様のほうから彼と近づくことができるように、色々な手を駆使してみましょう。

「突然LINEを追加して話しかけるなんて私には相当ハイレベルです」と書かれていますが「文化祭でお話してもっと先輩と仲良くなりたかったので友達登録しちゃいました!」とあまり重たくない感じで言えば、先輩も受け入れてくれるかもしれませんよ。自分の気持ちに素直になって、行動してみてくださいね。

おわりに

頭で色々悩んでいても、先輩とはお近づきになれません。
先輩のことをもっと深く知るためにも、まずは相談者様のほうから行動に移してみましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事