2016.09.17

急な雨にも負けない女!彼をがっかりさせない「うねり」の対処法

雨の日は、デートの前にしっかりヘアセットしても、目的地に着くころには髪の毛にうねりが出てしまうことがありますよね。髪がうねってまとまらないと、気分まで下がってしまうもの…。でも、外出先で手早くうねりが直せれば、安心してお出かけを楽しめますよね!

今回は、雨の日は絶対にやるべき「うねり」の対処法をご紹介いたします。

☆毛先だけをいじるのはNG!「根元から」が基本

雨の日に学校や職場に着いて鏡を眺めると、毛先がぴょんとはねていることがありますよね。そんなとき、毛先だけを元に戻そうとしてもなかなか直らないもの。はねている髪の毛の根元から濡らして整えるのが、コツですよ。

毛先の向きはつむじの流れによって決まるため、毛先だけをいじってもどうにもならないことがほとんど。根元からスタイリングすることで、毛先の流れを整えることができます。

日本人の場合、つむじの右回りと左回りの比率は6:4程度といわれています。左側に比べると、右側の毛先が跳ねやすい人が多いのだとか。鏡でうねりを確認するときは、とくに右側(向かって左側)に注意してくださいね。

☆うねり用のスタイリング剤を使う

髪の毛を濡らすときに水を使うのもアリですが、スタイリング剤やオイルトリートメントを使うと、さらに楽にセットできます。外出先でドライヤーが使えるのなら、スタイリング剤をつけて髪の根元まで湿らせた後、伸ばしながら乾かしてください。

ドライヤーがないときには、スタイリング剤やオイルトリートメントでうねりの出ている髪の毛全体を湿らせ、コームで引っ張りながら自然に乾かしていきましょう。

☆コードレスのヘアアイロンを持ち歩こう!

外出先で髪の毛を濡らして形を整えるのは時間がかかりますよね?備え付けのドライヤーがあればいいけど、デート先や職場ではなかなか難しいはず。

雨の日は、コードレスのヘアアイロンを持ち歩くのを習慣にするといいでしょう。携帯用の小さなものであれば、バッグに入れていてもそれほど気になりません。

雨予報の日の前日は、きちんと充電しておくよう心がけてくださいね!

☆うねりが目立たないヘアアレンジ

出典:pinterest

髪の毛を濡らしてセットする時間がとれないときには、手早くできるヘアアレンジがおすすめ。耳の横の部分の毛先がはねてしまったときには、スタイリング剤を付けてから髪の毛の束をとり、かるくねじってピンで止めるとキュートな印象にキマります。

全体的にうねりが出てしまったときには、おだんごにまとめたり、バレッタで後ろに束ねたりするとスッキリしてみえますよ!

☆うねり直しは「濡らしてから」が確実!

雨の日のうねり直しは、濡らしてからセットするのが無難。コードレスのヘアアイロンがあれば、外出先でも手軽に使えるので安心ですね。時間がないときはヘアアレンジするのも手軽です!(はまこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事