2010.01.15

センター試験当日に確認したい今からでも間に合う! センター英語・当日編

 受験生の皆さん、こんにちは。明日はついにセンター試験です。センター試験は(大抵の)受験生の方にとって最初の試験になるので緊張されていること でしょう。今からじゃあもう間に合わない、そんなことを言わずに足掻いてみましょうよ。ここでは、皆さんが絶対に受験すると思われる英語の本番の対策をさ くっと紹介します。もう一つの勉強編と内容が重複する点がありますが、そこはご容赦のほどを。(ちなみに、ここ紹介するのは平均点前後を取るような方向け のものです)最初は筆記、次にリスニングです。

2 最後まで油断しない

 これが答えだな、というような話を途中ですることもありますが、大抵は最後まで聞かないと痛い目に遭います。最後にnot~と来るのは試験での常套手段です。これでハメることもありますが……。

おわりに

 とりあえず色々なことを言いましたが、最後は自分を信じるしかありません。また、みなさんがよく気にする平均点ですが、恐らく今年は上がるはずなので、そこに関しては安心しても大丈夫だと思います。(これ以上平均点が下がったらみんな死にますので。特にリスニングは)最後まであきらめない。これが一番重要です。それでは、みなさんがいい結果を手にしますように!

●筆記 1 得意なものから先にやる

 これはセンターの問題量が多く、問題慣れしていない人は確実に時間切れになるからです。できれば今からでも速読の練習をした方がいいのですが、恐らく7割形は間に合いませんので、自分の得意なものから先にやるのが得策です。これは時間があるうちにやった方が心の余裕があるのでケアレスミスが減るので、得意 なところは確実に点が取れるという効果があります。センターには様々な問題形式が存在します。発音、文法、長文(内容把握、絵を見る問題)etc. あきらめる前に、今からでも過去問をやって自分の得意な問題を探してみましょう。

2 分からない問題は切る

 問題を解いていると全く分からない問題が出てくると思います。じっくり考えて答えを出すものいいですが、センター試験においてはそんな暇はありませんの で、折角得意な問題からやって作った余裕をなくすよりは思い切って次の問題に進んだ方が得策です。

3 長文はなるべくやる

 前の文と矛盾しているようですが、これも高得点を取る秘訣です。センター試験の英語は長文読解を明らかに重視しています。前回の試験(平成21年度)ではなんと140点分も出題されています。中には難問や時間がかかる問題も存在しますが、それを考慮しても、文法などよりはそちらの方を優先した方が得策で す。平均点を取るような方は文法が完璧にできるということは滅多にありませんので、本当に文法が得意な人以外は長文から解き始めましょう。

4 時間ぎりぎりになったら適当にマークする

残り10分を切ったらもう危険です。得意なものから先にやれとは言いましたが、マークシートは全部埋めるのが基本です。ここであと3つ以上マークが残っていたら(特に長文が残っていたら)、とりあえず勘でマークしましょう。確率は大抵のものが単純計算で4分の1なので、なんとかなることが多いです。もしそれで時間が残ったら(最低3分以上)見直しましょう。適当にマークした問題が文法で あったら2つ3つは出来ます。

●リスニング 1 選択肢をあらかじめ見ておく

 基本ですがとても重要です。選択肢には聞いたままの表現が使われていないものが結構ありますし、聞き取れなかったところでも消去法で回答が導けるものがあります。

関連記事