2016.09.21

長引かせたくない彼とのケンカ…最短で仲直りできる方法とは?

彼とケンカしたときって、意地を張っていても心のどこかでは「早く仲直りしたい」と思うものですよね。だけどきっかけや方法がわからないという人って少なくないはずです。
そんな悩める女の子たちのために、彼と最短で仲直りできる方法をご紹介しちゃいます!

まずは気持ちを落ち着かせよう

彼とケンカをしているときというのは、気持ちも興奮状態で冷静な判断ができないことが多いです。その状態で話し合おうとしても、彼との歯車が合わずケンカを悪化させるだけに過ぎません。早く仲直りするには、まずは落ち着いて彼の感情を把握することから始めるのが先決です。

男という生き物は単純明快です。あなたの冷静でいつもと変わらない様子を見れば「あれ?俺なんでこんな怒ってるんだっけ?」と気づき、落ち着いて話し合いができるはずです。また、ケンカをしたときに逆上してしまうと男性は浮気に走りやすくなる傾向があるので、いつもと変わらない様子でいることは重要ですよ。

自分に素直になろう

ケンカの原因で少しでも自分に非があるなと思うなら、悪かったことを認めて彼に謝りましょう。謝ってしまったら「負けた気がする」とか「なめられる」などと思ってしまう気持ちは十分わかりますが、いつまでも意地を張っていたらケンカは永遠に終わりません。

素直に非を認めて謝ることで、彼のあなたへの想いもきっと良い方向に変わるはずです。意地の張り合いでふたりの関係に取り返しのつかないことが起きる前に非を認めることで、彼もきっと素直になって「俺も悪かった」と謝ってくるでしょう。

あいさつは普段通りに

ケンカをきっかけに、普段していたコミュニケーションの習慣を止めてしまうと、関係をこじらせてしまいます。
「いつもしていることをしていない」という状況がよけいに「ケンカしている感」を増してしまうので、仲直りをするきっかけを掴みづらくなってしまうからです。

たとえば、「おはよう」や「おやすみ」などのあいさつは普段と変わらず言うようにしましょう。ケンカの原因がどちらにあろうとも、メールなどであいさつをいつも通りすることでお互い素直になるきっかけを掴むこともできます。そのためにも、あいさつは普段通りしておくことが肝心です。

いつもと変わらない態度で

ケンカをしているときって、いつも通りに振る舞うのはなんだかシャクな気がしてしまう人もいるでしょう。でも、早く仲直りしたいならばシャクなどと意固地になっている場合ではありません。普段と変わらない様子で彼に接することで彼もケンカをしていることが馬鹿らしくなってくるはずです。

どちらかが謝っていなくても、いつもと変わらない態度で接し続けていると気付いたら元通りになっていたなんてことはよくあります。いつまでもおプンプンしていても何も変わりません。ケンカを最短で終わらせるには、何事もなかったかのように接してみることです。

「普段通り」が仲直りへの近道

彼とのケンカを終わらせる最短方法は、とにかく意地を張っていつまでも怒らないことです。普段通りに接して彼を冷静にしてあげましょう。そうすれば、きっとすぐに元通りになれますよ。(KANA♪/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(古泉千里/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事