2016.09.21

断捨離は思い切りが大事!迷わず捨てる、そのコツとは?

やらなきゃと思いつつも、めんどうで後回しにしがちな衣替え。年々、服は増えるのに収納スペースは減っていく……。そんなときこそ、「断捨離」に挑戦しませんか?今回は、断捨離のコツを紹介します。

☆その服いつから着てない?

服を断捨離するコツは「1年間、着なかった服は捨てる!」と決まりを作ることです。

なんだか似合わなかったり、流行遅れになってしまったりしてタンスの肥やしになっている服も、捨てるなんてもったいないし、いつか着るかもしれないと躊躇することもあるでしょう。しかし、「1年も着なかった服は2年後も着ない!」そう考えるようにして、いさぎよく処分するのがポイントです。

☆最初にざっくり仕分けをする

まず、すべての服を収納BOXから出してざっくり仕分けをしましょう。1年以上着ていない服のほか、色あせしていたり、糸くずが出てしまったりして傷みが目立つ服を仕分けします。傷みのある服は、ハサミで細かく切って処分しましょう。傷みの少ない服は、捨ててしまうのではなくリサイクルショップやフリーマーケットなどで売るという方法もあります。

☆迷った服は1ヶ月後にまた仕分けをする

最初のざっくり仕分けで迷ってしまった場合は、とりあえず1ヶ月ほど様子を見るのもひとつの方法です。ある程度の時間を置くことで、自分の気持ちを再認識できます。断捨離は何もかも捨てればいいということではなく、自分にとって必要なものと不必要なものを見極めることが重要なのです。

☆ムダな買い物を見直して

断捨離というのは、単に「捨てること」だけを指すのではありません。「捨てるものを減らすこと」もポイントです。たとえば、なるべくムダづかいをしないようにして、必要ないものを増やさないことも重要。どんなにおしゃれな服がたくさんあっても使いこなせていなければ意味がありません。

自分にはどんなファッションが似合うのか、どんな服が必要なのかを考えることも、断捨離のコツといえるでしょう。

☆断捨離は気持ちいい!

やっぱりあれこれ迷ったり捨てたくないと思ったりするかもしれませんが、断捨離したらとてもすがすがしい気持ちになれるはず!すっきりきれいなお部屋で、気持ちよく新しい季節を迎えましょう。(Blue_bird/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事