2016.09.24

失敗したくない…!「LINEでの告白」成功のポイントはココ!

LINEでの告白って気軽にできて気分的にはラクですよね。直接会わずに済むぶん、緊張せずに自分の素直な気持ちを伝えられますが、ココ!というポイントを逃すと告白にOKがもらえず失敗してしまうかもしれません。
LINEでの告白で押さえたいポイントと成功パターンとはどんなものでしょうか。

普段からLINEをしておこう!

もちろん告白をして付き合いたいのなら、内容の前に彼とどれだけ距離を縮める必要があるでしょう。「ダメでもともと!」と思ってイチかバチかで告白するというわけではないのなら、彼とまずLINEのやりとりなどで仲良くなっておく必要があります。

毎日のLINEの会話はほんのささいなことでも構いません。好きな音楽やファッション、趣味のことなど彼が話をしたいと思えることを聞き出してみましょう。いい感じに会話が弾むようになったころが告白のチャンスです。

告白LINEを送る時間帯はいつ?

LINEでの告白の成功パターンには、LINEを送る時間帯も影響してきます。彼が忙しい時間帯にLINEをしても、返事をちゃんともらえなくなるどころか、メッセージを読んでくれない時間が長くなるだけなのです。
最初はようす見をする感じで「いま時間大丈夫?」などなにげないメッセージを送ってみるのもいいでしょう。そこで彼からの返信がすぐに来たら告白のチャンスです。

また、そのあとしばらくは普通の会話を進めていて、なんとなく「好きな人はいる?」など恋バナに持ちこんでからの告白も有効。何か会話を挟んだほうが、突然「好きです」といわれるよりも自然に告白できますよ。

長すぎるメッセージはNG!

いざ告白するとなると、自分の気持ちがあふれ出してたくさんのことを伝えたくなってしまうでしょう。また、「好きです」という言葉が恥ずかしくて、「気になる存在で…」「いつも意識していたんだ…」といったように表現をぼかしてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかしこう言われても彼はアナタが何を言いたいのかピンとこないので、告白にうすうす気づくことはあってもどう返事をしていいのかわからなくなってしまいます。伝えるときははっきりと「好き」という言葉を使って、「つきあってほしい」といった自分の希望を簡潔に伝えるのが成功の秘訣です。

告白LINEを送ってからどうする?

思い切ってLINEで告白した後、その場でははっきりした返事がもらえないこともあるでしょう。しかし、返信の内容で少しでも前向きな感じがあれば、後日できるだけ早めにふたりで直接会うことが成功のコツです。LINEでのやりとりから数日がたってしまうと彼の返事の真意があいまいになってしまいますし、はっきりとメッセージでOKをもらったとしてもつきあうという実感がわきにくいものです。

LINEでのやりとりで彼が「返事は待ってほしい」といった場合にも、会う機会を作って直接彼の正直な気持ちを聞くのがおすすめです。

タイミングやその後のことを考えて

LINEで告白するときは、第一声から「好きです」と送るよりも、何回かやりとりしていい雰囲気になってきたときにすべりこませるのがベター。そして告白の後のことも考えて成功パターンへ持ちこみましょう。(なな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事