2016.09.25

もっと彼とラブラブになれる!気持ちを深めるキスの方法とは?

彼とラブラブな時間を過ごしているとき、なんとなくキスをしたくなるのは当たり前のこと。しかし、そのキスをなんの工夫もなく終わらせるのはちょっと味気ないものです。

そこで、もっと彼とラブラブになれて、マンネリも防げるキスの方法をお教えします。ふたりの距離がもっと縮まること間違いなしです!

口の中に氷を含んでひんやりキス

いつもと違う感覚で楽しめるのが、氷を口に含んでするキス。ふたりでいるときに飲み物に入れている氷で試したことのある人もいるかもしれませんね。
ひんやりした感覚をふたりで共有している感じがして距離も縮まりますし、お互いの濡れた唇の感触を味わえば、ちょっとエッチな気分にもなります。
冷たい氷が口の中で溶けていく感覚もとても良くて、一度やるとやみつきになりそう。舌でコロコロと氷を転がしながら濃厚なキスを堪能するのがおすすめです。

一緒に寝るときに唇を合わせて

ふたりで一緒に添い寝するとき、たいていは抱き合ったままで眠りにつきますよね。これでもよいのですが、何か物足りないと感じているカップルは、横になったときに唇を合わせたままで眠りについてみてください。
キスをしながら密着することでより彼との距離を縮められて、ラブラブな気分のまま幸せに眠ることができます。同時に安心感も得られて寝つきもよくなるかもしれません。唇は敏感な場所ですから、手をつないだりするよりもラブラブ効果がアップしますよ!

アヒルのような唇でおちゃめなキス!

いつも軽く触れるだけのキスは日常的にしているカップルも多いですが、さらにアヒルのように唇を突き出して唇の先だけで触れるキスは、いつもとまた違った感触を味わえるものです。キスの感触だけではなく、自然とアヒル口になってお互いにおちゃめな表情を眺めながら楽しむこともできます。いつもキスの瞬間はちょっと照れくさいというカップルでも、おどけながらキスができるので、恥ずかしさも軽減するかもしれません。ちょっとした楽しい瞬間を共有できて、ラブラブ度もアップです。

寸止めしてちょっとじらしてみる

いざキスをするとき、自然にお互いの唇が近づいてというのはスタンダードな流れですが、普段とは違うドキドキを味わいたいなら唇が触れる直前に寸止めしてみることです。唇が触れるか触れないかの距離で数秒止めると、触れた瞬間に神経が集中したような感覚になりますから、より燃え上がるキスとなるでしょう。寸止めしている間にふたりの気持ちもどんどん高まって、唇が触れた瞬間に最高潮の気分を味わえます。その後もあまりガツガツしないでゆっくりと唇の感触を味わうのがおすすめです。

普段と違うふたりのキスを楽しもう

キスをする時間はふたりだけの大切なものです。普段とはちょっと違うキスを楽しむことで、彼とさらに仲良くなってラブラブな関係を長続きさせられることにもなります。(なな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事