2016.09.23

「正直負担なんだよね…」デートに乗り気になれない男のホンネとは?

デートに誘っても生返事、スケジュールを聞いても「まだわからない」しか言わないカレ…。

デートをしたい女子からすれば、会ってくれないカレには不満が募るばかり。しかし、こちらからデートに誘わず自然消滅なんてことになったら嫌ですよね。

今回は、彼女持ちの男性を対象に、デートに乗り気になれない理由を聞いてみました。原因を突き詰め改善して、彼らをデートに連れ出しましょう!

1.プランを立てられない

「彼女は段取りの決まっているデートじゃないと不機嫌になるんですよ。デートプランを考えるのは面倒だけど、『次、どうしよっか?』が許されない状況になるのが苦しい」(24歳/薬剤師)

みなさんはデートをするときにどうやって行き先などを決めているでしょうか?もしカレにすべて丸投げしてしまっているなら、カレにとってそれが負担になっているのかも。

普段はカレが作った完璧なデートコースを辿っている人も、たまにはデートプランを提案してあげましょう。また、予定を決めず行き当たりばったりで思わぬ発見があるデートを楽しむのも、新鮮な気分になれてオススメです!

2.金欠

「金がないときはデートにも行きたくない。デートで出し惜しみしてると思われたくないし…」(25歳/ホテル)

カレがデートに乗り気になれないのは、決まって給料日前だったりしませんか?その場合、金欠でデートに使うお金がないのかもしれません。

また、結婚式などが多い時期や、イベントや記念日を控えている場合、節約しなければならないこともあります。ワリカンを提案したり、節約できるデートを提案してみればカレもデートに乗り気になるかもしれませんよ!

3.外出するのが面倒

「元々そんなアクティブなタイプじゃないんですよ。デート=出かけるってことになるから、気が乗らないんですよね」(20歳/大学生)

アウトドア派のみなさんには理解しがたいかもしれませんが、インドア派の人が毎週末、または休日を返上して外出デートするというのはとんでもない労力を伴うものなんです。

カレがインドア派だと発覚したら、乗り気になれないところを無理やり連れだすのは逆効果。おうちデートと外出デートをうまく混ぜ合わせながら、お互いが楽しめるデートをしましょうね。

4.関係が落ち着いてきた

「付き合いが長くなると彼女にもめっちゃ会いたい!と思わなくなってくる。マメにデートしなくても別れないだろうなぁって…」(22歳/大学生)

付き合いたては誰しも相手との破局を恐れてマメになるものですが、ある程度安定した関係になってくるとデートより友達や趣味を優先したくなってくることも。

デートをしなくてもあなたが自分の傍にいてくれると思い込むのは、あなたの気持ちを無視したカレの甘えですよね。もしデートをしたい・会いたいという意思表示をしっかりとしたにも関わらずデートを渋るようならば、別れをチラつかせるのが効果的でしょう。

おわりに

彼らがデートに乗り気になれないのは、カレにとってデートをするとマイナスになることがあるから。それは労力だったりお金だったりと人それぞれですが、ほとんどの場合彼女であるあなたが協力することによってカレの負担を減らすことができます。

不満をぶつけるばかりではなく、カレの立場や状況を考えたうえでデートのお誘いをしてみましょう。お互いを思いやれるカップルになれば、ラブラブなデートを重ねることも夢じゃありませんよ!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事