2016.09.24

「セクシー」と「下品」は紙一重。カレ目線の下着の評価ポイントって?

カレを興奮させたい!そんなあなたはまず下着選びにこだわりますよね。
でも、セクシーな下着で色っぽく決めたけど、カレにとっては下品にしか見えない、なんて失敗も…。

カレ目線で「セクシー」と「下品」の違いを見極めれば、失敗することはありません。カレをドキドキさせたいあなたは必見ですよ。

■「清潔感」がマスト

清潔感のある下着は、男性にとって好印象。セクシーなデザインを選ぶときは「清潔感があるかどうか」をポイントに選びましょう。

ムダなモチーフがゴテゴテとついていたり、金具の色が目立っていたり…。清潔感とは全体の統一感でもあります。ぱっと見て少しでも目につく部分があれば、それは「下品」な下着に分類されるかもしれません。

■色や素材に気をつけて

セクシーな下着といえばブラックをイメージする人も多いのでしょう。他のカラーとの組み合わせや素材に気をつければ、ブラック選びも下品になりません。

たとえばブラックとショッキングピンクの組み合わせ、可愛いと思う人も中にはいますが、ギャルギャルしい、と男性ウケはあまりよくないようです。色のトーンがあまりにもかけ離れている場合、下品に見えがちですので注意しましょう。

またブラック一色ではあるけれど、スパンコールやラメ生地が使われている場合。これも下品な印象を与えてしまいます。シンプルにブラック一色で、肌なじみのいいレースの下着が、案外男性の欲望をくすぐるみたいですよ。

■やりすぎはNG

極端に隠す面積が少なかったり、完全に透けているような素材の下着はカレに「下品」と思われてしまうかも。長く付き合っているカップルが、マンネリ打破のために利用する場合にはいいかもしれませんが、いきなりの「やりすぎ」にご注意を!

ブラジャーのサイドの部分が透けていたり、紐状になっているものであれば、さりげない色気がアピールできるため、下品とは認定されないようです。

■柄は一部分におさえて

シンプルなものばかりでは飽きるから、と、柄ものに手を出すのはイエローカード。ヒョウ柄やゼブラ柄の下着、またバラ柄の下着は一般的に「セクシー」と考えられていますよね。

しかし、男性にとっては「なんか怖い…」というのが本音のよう。柄を取り入れる場合には、ワンポイントでおさえ、主張しすぎないことが大切です。

■違いを見極めて下着を選ぼう

「下品」との境界線…これを見きわめ超えないことが、カレをドキドキさせるために肝心です。
あなたの魅力を引き出してくれる「セクシー」な下着を選びましょうね。(メロンちゃん/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事