2016.09.27

名前も知らない先輩に一目惚れ…これから距離を縮めるには?



こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
今回は、こちらの質問に答えさせていただきます。

「高校二年です。つい最近文化祭があったのですが、そのときに、『もっと知りたい、仲良くなりたい、話がしたい』と思える先輩と出会いました。
でも、その先輩のクラスしか知らなくて、名前も知らないので、私のことを覚えているかもわからないのに用もなく訪ねにいくのはためらってしまいます。もう学校行事はないので、仲良くなるチャンスもなく、その先輩と写真を撮ってもらえばよかったなあ、なんて後悔してます。同級生にも先輩にも相談できず、日々悶々と過ごしている状態です。
きっとこれから、学校でその先輩を探してしまうのだろうなと思います。来年はもう先輩は卒業してしまっているので、それまでになんとか知り合いになって、卒業式には一緒に写真を撮ってほしいとお願いしたいです。まずはどうするべきでしょうか」

「あのとき、もっと話をしていれば…」
そんな後悔を抱く気持ち、よくわかります。
こんなとき、どうしたら良いのか一緒に考えていきましょう。

また、後悔したいですか?

自分のことを覚えてくれているかわからないからクラスに会いに行けない…。同級生にも先輩にも恥ずかしくて相談できない…。
誰しも、嫌な思いはしたくありません。先輩が覚えていてくれなかったら恥をかきますし、同級生や先輩に相談してバカにされるのも嫌ですよね。なかなか、行動にうつせないのは当たり前です。
でも、よく考えてみてください。
文化祭で知り合って「もっと知りたい、仲良くなりたい、話がしたい」そう思ったのにそれができなくて、いま後悔しています。
また何もできずに先輩が卒業してしまって、同じように後悔しても良いのでしょうか?
まずは、自分がどうしたいのか考えて言い聞かせましょう。
「これは嫌だけど、こうしたい!」と考えるのは簡単ですが、嫌なことを避けてばかりいては目標に達するまでの時間がかかりすぎます。
一番嫌なのは、また何もできずに後悔することですよね。
そう考えられるようになったら、行動にうつしましょう!

自分の素直な気持ちを伝えに行く

先輩と仲良くなるための一番の近道は、自分の素直な気持ちを伝えに行くことです。
クラスがわかっているのなら、物理的に会いに行くことは簡単ですよね。
会いに行けないのは、精神的な問題です。
ちょっと考えてみてください。
「もっと話したいなと思って」と誰かが自分に会いに来てくれたら…相手のことを覚えていなかったとしても嬉しいと感じませんか?
同じように、相談者様が会いに行けば先輩は嬉しいなと思ってくれると思いますよ。
もちろん、照れくさくて素っ気ない態度をとられたりするかもしれません。
でも、決して会いに来られたのが嫌でとっている態度ではないので気にせずクラスに遊びに行ってみてください。

『悲痛さ』ではなく『必死さ』『一生懸命さ』を伝える

それでも、なかなか行動にうつすまでには勇気がいることはわかります。
ひとりで先輩のクラスに遊びに行くのが難しくて、同級生や先輩に協力してもらうこともあるかもしれません。
そんなときに気を付けてほしいのが、『必死さ』『一生懸命さ』を伝えること。
「どうにかして、会いたい!」と思えば思うほど、人は悲しさや苦しさを伴った表情になってしまいます。
この『悲痛さ』は、周囲から見ているとちょっぴり怖く感じられるもの。
そんな『悲痛』満々の友達の協力をすることって気が引けますよね。
でも、『必死』『一生懸命』な姿には逆に心を動かされます。
「なんとかしてあげたい!」そう思ってもらえれば、周囲の人は相談者様に積極的に協力してくれるでしょう。
恋愛に限らず誰かに頼りたいときには、これを忘れないようにしてください。

おわりに

いかがでしたか?
一生の後悔するくらいなら、一瞬勇気を出した方が良いですよね。
最初の一歩は難しいですが、踏み出してしまえばなんともないことってたくさんあります。
先輩が卒業してしまう前に、仲良くなれるように頑張ってくださいね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事