2016.09.28

オフするまでがセルフネイル!時短&安全なジェルの落とし方

ジェルネイルをセルフでできたらうれしいけれど、オフするのが面倒だし、正しいやり方もよくわからない…と諦めてしまっている人も多いはず。きちんとした道具を使ってちゃんとした手順を踏めば、セルフでもきれいにジェルネイルを落とせますよ!

今回はズボラさんでもできる、時短&安全なジェルネイルの落とし方をご紹介します。

☆100均で買える!?ネイル落としの道具

ジェルネイルを落とすときには、きちんとした道具が必要です。とは言っても、ネイルサロンのような本格的な道具は必要ありません。

まずはジェルリムーバーを用意しましょう。ジェルリムーバーは100均などでも売っているので手軽にゲットできるでしょう。そのほかにはアルミホイルやコットン、オレンジウッドスティック、粗めのヤスリがあると、きれいにオフするのに便利ですよ。

☆「ひと手間」で時短リムーブ!

まず、ジェルの表面を粗めのヤスリで削っていきます。地爪を削らないよう、ジェルが少し傷つく程度の力加減がベストです。ジェルに傷がつくことで、リムーバーが浸透しやすくなります。

続いて、爪のサイズにカットしたコットンにリムーバーをたっぷり含ませて爪の上に置きます。上からアルミホイルを巻いて蒸発を防ぎましょう。そのまま15分ほど放置します。時間を少しでも短縮したい人は、ビニールのゴム手袋をつけるといいでしょう。保温効果でリムーバーが温まり、オフするスピードが増しますよ!

☆あせりは禁物!やさしい心で少しずつ

時間が経過したら、ふやけて浮いてきたジェルを落としていきましょう。このとき無理にはがそうとすると地爪を傷めてしまいます。「ていねいにやさしく」を心がけましょう!

オレンジウッドスティックを使って軽くこすりながらそぎ落とすのがコツ。慎重に少しずつはがしていくようにしましょう。

☆きれいにオフしたあとは、アフターケアも忘れずに!

ジェルネイルがオフできたあとは、仕上げに必ず保湿をして爪をいたわりましょう。ネイル専用のキューティクルオイルを含ませてあげると、乾燥対策に効果的です。

もしもきれいに落としきれない部分があった場合は、もう一度コットンにリムーバーを染みこませ、アルミで巻いて5分ほど待ってから、再度落としていきましょう。

☆自宅でも簡単にできるジェルネイルのオフ!

専用リムーバーがあれば、家にある道具だけでも簡単にジェルネイルをセルフで落とせることがわかりましたね。手順をよく守って、地爪に負担をかけずに落としましょう!(あゆたん/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事